イベントと花

イベントと花

松竹梅をはじめお正月をお祝いするのにふさわしい縁起花10種類

お正月に飾ると良いと言われている縁起物の花を10種類紹介します。代表的な松竹梅の他、千両や万両、南天や菊、福寿草や葉牡丹、餅花など全てに新しい年をお迎えするのにふさわしい意味があります。自宅に合うような花を選んでください。
イベントと花

子供の健やかな成長を願う七五三のお祝いと縁のある縁起木ムベの木

11月15日は子供の成長をお祝いする七五三です。3歳は男女で髪置き、5歳は男児で袴着、7歳は女児で帯解きといい、お祝いをします。七五三に因んだ木にムベの木があり、その実は不老長寿の実と呼ばれ10月から11月に出回り食用になります。
イベントと花

ハロウィンと万聖節やジャックオーランタンの意味とハロウィンの花

10月31日はハロウィンです。元々ハロウィンは古代ヨーロッパのケルト民族の行事でした。宗教的な意味合いのある行事がアメリカに伝わり、今のようなイベントになっていったのです。ハロウィンにお勧めの花はオレンジ系のガーベラやピペリカムなどの実です。
スポンサーリンク
イベントと花

中秋の名月と秋の七草、名月は芋名月だけでなく栗名月と豆名月も

中秋の名月(十五夜)は、旧暦で秋の中日の8月15日に見える月のことを言います。しかし中秋の名月は必ずしも満月ではありません。名月は芋名月、栗名月、豆名月と呼ばれることもあり、中秋の名月は芋名月です。栗名月、豆名月は十三夜で十五夜より後に見える月です。
イベントと花

9月9日は一年のうちで一番最後の節句、花に縁の深い重陽の節句

9月9日は重陽の節句です。節句は年に5つあり、そのうちの重陽は一年の最後の節句になります。重陽の節句は別名で菊の節句とも呼ばれ、菊を飾り菊酒や栗ご飯、食用菊のお浸しや秋茄子、菊の形の和菓子を食べて健康を願いお祝いをする行事です。
イベントと花

五節句のひとつ七夕といえば笹と牽牛花、大阪にも七夕伝説があります

五節句のひとつ、七夕には短冊に願い事を書いて笹に飾ります。使う笹は水あげが難しく、すぐに葉が丸くなってしまったり枯れてしまうのが残念ですね。花にも七夕にまつわる名前の付いた牽牛花というものがありますが、これは良くご存知の朝顔です。
イベントと花

母の日のカーネーションに対して父の日のフラワーギフトはなに?

母の日のカーネーションに対して、父の日にも定番のフラワーギフトがあります。以前は存命のお父さんには赤いバラを、亡くなったお父さんには白いバラを贈っていましたが、最近では黄色いバラを始め、ひまわりなどの黄色い花を贈ることが増えてきました。
イベントと花

5月の第2日曜日は母の日、母の日の由来とカーネーションの関係

5月の第2日曜日は母の日です。母の日はウエストバージニア州に住んでいるアンナさんという女性が、亡くなった母の追悼のために、白いカーネーションを配ったのが始まりで、その後日本でも広まりました。日ごろの感謝を込めてお母さんにカーネーションのプレゼントを。
イベントと花

端午の節句は菖蒲。似ているアヤメ、カキツバタ、ショウブの区別方法

花菖蒲と菖蒲や杜若はとてもよく似ている花ですが、簡単に区別が付くので書いてみました。花菖蒲と葉菖蒲は全く違うものになります。端午の節句にしか葉菖蒲は出回りません。こどもの日にはお風呂に葉菖蒲を入れた菖蒲湯に入ってみませんか?
イベントと花

こどもの日5月5日端午の節句に食べる柏餅の葉の緑色と茶色の違い

5月5日こどもの日は端午の節句とも呼びます。柏餅の葉の色は旧暦の頃は緑色のものを使っていました。新暦になり葉の成長が足りないことから前年の柏の葉を使うことで茶色になりました。今は緑色のものも茶色のものもあります。またちまきも端午の節句には食べます。
タイトルとURLをコピーしました