冬の話題

ガーデニング・園芸

観葉植物の寒さ対策、元気に春を迎えるための冬の管理のポイント

暖かい地域で生育している観葉植物にとって日本の冬は寒すぎるため、15℃以下になったら室内で管理します。置く場所は光の入る窓に近い所がいいのですが、夜間は冷えるので少し窓から離しましょう。根腐れを起こさないように水やりも控えめにしてください。
植物について

新春の花と呼ばれるロウバイ(蝋梅)は早咲きの梅ではなく別の植物

名前に梅と付いていても梅の仲間ではない蝋梅は、蝋を塗ったような透明感のある美しい花びらが特徴です。梅の花も寒い時期から咲きますが、新春の花と呼ばれる蝋梅はもっと早い1月頃から咲き始めます。早生咲だともっと早い12月頃から。庭木にも多いです。
ガーデニング・園芸

花が咲かない?デンマークカクタス(シャコバサボテン)の育て方

花の少ない冬を彩るデンマークカクタス(シャコバサボテン)は翌年上手く花が咲かなかったということを聞きます。花の咲いている時より花が終わった後や花芽を付ける前が大切ですので、葉摘みや芽摘み、水やりに気を付けて翌年も綺麗に花を咲かせてください。
スポンサーリンク
花束・切り花

お正月の定番8種類の花の水あげ方法。買って帰った後のお手入れ

お正月によく飾る花の水揚げ方法について。普通は花屋できちんと水揚げ処理をして販売していますので、殆どの場合は生ける時に水切りをするだけで問題ありませんが、どうしても水が上がらない場合はその花に合った水揚げをしてから生けるようにしてください。
花束・切り花

クリスマスの定番花材のモミの木・国産モミとオレゴンモミの違い

クリスマス用の花材で欠かせないのはモミの木(枝)です。モミは幼木がツリーとして使われるほかにも、枝がアレンジやリース用として11月半ば頃から花屋の店頭に並びます。しかしモミには国産のモミとオレゴン産のモミがあり、双方には少し違いがあります。
ガーデニング・園芸

冬越しのコツ・5つの寒さ対策と上手な水やりでダメージを防ごう

冬の植物の管理方法は室内に入れる、植物を覆う、植木鉢を保温する、二重鉢にする、マルチングをするなどがあります。育てている植物の耐寒温度に応じて対策してあげましょう。冬の水やりは頻繁には要りません。時間も暖かい昼間に与えるようにしてください。
イベントと花

成人の日のお祝いには春の花を使った優しい色のブーケやアレンジを

お正月が終わるとすぐに成人の日になります。一生に一度の大切なお祝いである成人の日に、花束やアレンジなどのフラワーギフトはいかがですか?直接会いに行けないけれど、お祝いをしたいとお考えならインターネットショップや通販を利用して贈ると便利です。
ガーデニング・園芸

冬のガーデニングを彩る葉牡丹(ハボタン)を今年も翌年も楽しむ

冬のガーデニングを彩る葉牡丹(ハボタン)は、年々種類が増えています。種から育てるだけでなく苗も豊富にありますので、ガーデニング初心者の方にもおすすめできます。花の後に仕立てて踊り葉牡丹にも出来ますし、種を収穫するとまた植えることもできます。
イベントと花

1年のうちで花に関係する行事やイベントを紹介・10月から12月まで

1年の内には花に関係する行事、イベントも多くあります。このページでは10月から12月のうちで最近派手になってきたハロウィンの他、子供の成長を祝う七五三についてや収穫に感謝する感謝祭、そして1年の最後のイベントクリスマスについて書いています。
イベントと花

1年のうちで花に関係する行事やイベントを紹介・1月から3月まで

年間にはいろいろな行事やイベントがありますが、その中でも花に関係する行事も多くあります。春の花も多く出回る時期である1月から3月の間で花に関係する行事は、お正月、七草、成人の日、バレンタインデー、ひな祭り、ホワイトデー、春の彼岸があります。
タイトルとURLをコピーしました