日本語って美しい「花が枯れる」だけじゃない花が終わる時の表現

さまざまな花が咲く様子は綺麗で華やかです。でもその花にも終わる時がきます。

花が終わる時に「花が枯れる」という言葉は一番使う表現かもしれません。しかし日本語では「枯れる」以外でも花の終わりを表す言葉があります。

今回は花の終わりの表現についてです。

スポンサーリンク

散る

散る花といえば桜です。

小倉百人一首にある「ひさかたの 光のどけき春の日に 静心なく花の散るらむ(紀友則)」に出てくる花は桜のことです。「こんなに日の光がのどかに射している春の日なのに、どうして桜の花は落ち着かなげに散っているのだろうか」という桜が慌ただしく散ってしまうのを惜しむ気持ちを表しています。

桜やさくらという曲を思い浮かべてみると、コブクロさんの「桜」には「桜の花びら散るたびに 届かぬ想いがまた一つ」というフレーズや、森山直太朗さんの「さくら」でも「さくら さくら 今咲き誇る 刹那に散りゆく運命と知って」とあります。

桜は開花から満開までは1週間程度、満開から散るまでも1週間程度しかありません。このぱっと咲いてぱっと散る潔さが、まさに「散る」という表現にふさわしい花の終わり方ではないでしょうか。

桜(散る)

こぼれる

桜の散るに対して、梅は「こぼれる」という表現をします。

梅の木は桜の木ほど背が高くなく、ちょうど目の高さのあたりから花がぽろぽろと落ちていくことから「こぼれる」という表現になりました。

散りこぼれた様子を「こぼれ梅」と表現し、茶道具のひとつ、古帛紗の模様にもなっています。そしてもうひとつ、みりんをしぼった後に残るみりん粕のことも「こぼれ梅」といいますが、これは真っ白でぼろぼろとした形状が、満開になった梅の花のように見えることからこのように呼ばれています。

秋に咲く萩の花も梅と同じように花が落ちていくことから「こぼれる」と表現します。

梅(こぼれる)

舞う

菊は枯れても花びらは落ちずに垂れていきます。その垂れた花びらが風に吹かれて揺れ動く様子が舞っているように見えることから「舞う」と表現されます。

花びらと書きましたが、菊は小さな花の集合体で、花びらに見えるひとつひとつが小さな花です。花は5枚の花弁が癒合して筒状になっており、それぞれに雌しべも雄しべもあります。

菊(舞う)


落ちる

落ちると表現される花は椿です。椿は花びらが1枚ずつ散ることも、花が枯れきるまで枝に付いていることもなく、花の終わりになると花首からポトリと落ちてしまいます。そのため「首が落ちるから縁起が悪い」と武士に嫌われていました。

椿の花が花首から落ちる理由は。受粉のために昆虫ではなく鳥を利用しているからです。鳥が蜜を吸うことで花粉を鳥に運んでもらい受粉をするのですが、花びらの間から蜜を吸われると受粉交配が出来なくなります。それでは困りますので、花の正面からしか蜜を吸えない作りにしたのです。

正面からしか蜜を吸えない作りにしたことで、花びらや雄しべなど全てが繋がった花になりました。そのため花の終わりになると繋がった花はそのまま落ちてしまうのです。

椿(落ちる)

崩れる

とてもよく似ている牡丹と芍薬ですが、見分け方は次のようになります。

牡丹 芍薬
切れ込みがある
つやがない
切れ込みがない
つやがある
先端が尖っている 丸い
開花 4月下旬~5月中旬 5月~6月
枝分かれ 枝分かれをして花をつける 枝分かれせず真っ直ぐ伸びる
木か草か
花の終わり 一気に花びらが1枚ずつ散る 花がまるごと落ちる

この表のように花の終わり方は異なりますが、牡丹も芍薬もあっという間に花の形が無くなってしまうことから「崩れる」と表現されています。

牡丹(崩れる)


吹雪く

春の訪れを告げる雪柳は、枝垂れた枝に小さな白い花をたくさん咲かせ、花の終わりにはその小さな花びらを散らします。春風に吹かれて散る様子はまさに吹雪くという表現がぴったりです。

ちょうど桜の開花と同時期なので、薄ピンクの桜と白い雪柳のコラボレーションを楽しめる所も多いようです。

吹雪くにも雪柳という名前にも雪とは付いていますが、雪柳を見ると春を感じさせてくれます。

雪柳(吹雪く)

しぼむ

小学校の夏休みの観察日記の定番である朝顔は、朝に花を咲かせ昼過ぎか夕方には「しぼむ」花と記憶されている人も多いと思います。花の終わり方を見ると、枯れるや散るではなく「しぼむ」という表現が合います。

この朝顔、朝になったから咲くのではなく前日の日没時間と関係しており、日没から8~10時間後に開花するという習性があります。

朝顔の開花時期は7月頃から10月頃です。例えば2020年7月1日の大阪の日没時間は19時15分、2020年10月10日の日没時間は17時30分です。もし朝顔がこの期間中、ずっと咲き続けていたとして日没から10時間後の開花とするならば、7月1日は5時15分に開花し、10月10日には3時30分には開花していることになります。

また「しぼむ」時間は、暑さの厳しい8月より、少し気温が低くなった10月くらいの方が遅い時間まで咲いてくれるようです。

朝顔(しぼむ)

しがみつく

紫陽花は色が褪せて、もう枯れたのでは?と思っても散ることも花が落ちることもなく、良い時期に剪定してあげないといつまでも枝に花が付いたままでいる植物です。

そのいつまでも花が付いている様子から、紫陽花の花の終わりを「しがみつく」と表現します。

しかしいつまでも「しがみついている」から可哀想と思って、そのままにしておくと翌年花は咲きません。上手に剪定して翌年も花を咲かせてください。

紫陽花(しがみつく)

この記事を書くにあたって、Google翻訳を使って「花が枯れる」と英語にしてみましたところ、Flowers dieと出ました。dieは嫌だなと思って、「花が枯れた」で翻訳するとWithered flowersになりました

dieがwitheredになったので、じゃあ「枯れた」という過去形ではなく「枯れる」のであればFlowers witherでもいいのでは?と思いつつ、次に「桜の花が散る」と調べるとCherry blossoms fallと出て、落ちるのかと驚きつつ、最後に「桜の花が散った」と調べてみるとCherry blossoms scatteredと出て、なんだか笑ってしまいました。scattered…散らばっているのですね。

きっと英語圏の方々にも「花の終わり」に対して素敵な表現があるのかもしれませんが、私は日本語の美しさと繊細さを大切にしていきたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました