管理や育て方

ガーデニング・園芸

良い培養土の選び方ポイントと鉢の大きさに対する土の容量の目安

培養土には花や野菜など殆どの植物に使える汎用タイプのものと、それぞれの植物に合った専用タイプのものがあります。良い培養土を選ぶポイントはいくつかありますので参考にしてください。また鉢の大きさごとに必要な土の容量の目安も表にまとめてみました。
花束・切り花

切り花を長持ちさせたい!花瓶に入れる水の量と花のお手入れ方法

切り花を花瓶に生ける時、花瓶にたっぷりと水を入れる人がいらっしゃいますが、多ければ良いというわけではなく花の種類によって花瓶に入れる水の量が異なります。適量の水で生けることをお勧めします。また水量だけでなくお手入れ方法も参考にしてください。
ガーデニング・園芸

室内で過保護にせず屋外で育て始めると大きくなったアジアンタム

夏には涼しく感じるアジアンタムが人気のグリーンです。しかしアジアンタムは葉がチリチリになってしまう事が多い植物です。葉がチリチリになっても枯れたわけではないので、切り戻して育てると新芽が出てきます。室内管理が多い中、私は屋外で育てています。
ガーデニング・園芸

「STAY HOME」春に咲く球根の花を来年も咲かせる為の準備

STAY HOMEお家の中でいろいろな事をされていると思います。その中に花を楽しむことも加えてください。このページでは来年も花を咲かせる球根植物のチューリップとヒヤシンスの花後のお手入れ方法を書いています。翌年も綺麗な花を咲かせてください。
生花のアレンジメント

フラワーデザインのための色合わせの基本を覚えて花を楽しもう!

フラワーデザイン、フラワーアレンジメントを楽しむための基本的な色合わせは、同系色の配色、類似色相の配色、補色の配色、分裂補色(スプリットコンプリメンタリー)の配色、連続した色の配色やグラデーションです。その他にトーンで揃えるとまとまりやすいです。
生花のアレンジメント

フローラルフォームなしでもできる簡単な花留めテクニック8つの方法

花材をアレンジする時や、花瓶に生ける時、フローラルフォーム(オアシス)がなくても花を留めることができます。華道でも使う一文字留めや十文字留め、笄留めや又木留め、折り留めや剣山の他、セロハンテープやワイヤーやゼリーなどを使った方法を紹介しています。
生花のアレンジメント

フラワーデザインに必要なワイヤリングメソードを写真を使って説明

フラワーデザインでアレンジやブーケやコサージを作るときにはワイヤリングが必要になる場合があります。このページでは基本になるピアスメソードやクロスメソードやフックメソードなど10種類のワイヤリングメソードを説明しています。是非覚えてくださいね。
ガーデニング・園芸

鉢植え植物に夏の暑さと冬の寒さを乗り切ってもらうための管理や対策

夏と冬のガーデニング、鉢植えの管理や対策。夏に気をつけないといけないのは強い直射日光と地面からの地熱です。すのこやレンガなどで鉢の下に風を通し、遮光ネットを上手く利用しましょう。冬は寒風と水やりに気をつけましょう。我が家の対処方法も書いています。
ガーデニング・園芸

今年の開花は早め?遅め?心ウキウキ春本番の花、桜の開花について

1月から2月になるとソメイヨシノの開花予想が発表されます。桜は前年の夏に花芽を形成したあと休眠し、寒さにさらされることで休眠打破が起こり開花に向けて生長し春に開花します。開花予想は休眠打破がいつ起こったかによって、その年の開花が遅くなるか早くなるかが決まります。
ガーデニング・園芸

苦手な人が多い3月のヒサカキの花と11月のハマヒサカキの花の香り

家の近くを歩いているとヒサカキに似た香りがします。普通、ヒサカキの花の開花は3月から4月で11月ではありません。よく見てみると、それはヒサカキではなくハマヒサガキ。同じような臭いがする花で、プロパンガスの臭いやたくあんの香りに似ていると言われています。
タイトルとURLをコピーしました