ガーデニング初心者でも育てやすい春の花の代表はパンジーとビオラ

パンジーとビオラはガーデニング初心者の人でも、簡単に育てることができる花です。

パンジーもビオラも春に咲く花ですが、種から育てるのであれば、種まきは8月末~9月末です。苗から育てるのであれば最低気温が10℃以下になってから植えるほうが失敗がありません。

今回は種から育てる方法、苗から育てる方法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

パンジーとビオラの違いについて

パンジー

花の大きなものをパンジーと呼び、小さなものをビオラと呼びます。花の大きさが5cm以上だとパンジー、5cm以下だとビオラと思っていただくと解りやすいと思います。

ビニールポットで売られている苗を見ると、パンジーは花は大きくて華やかだけど一株に1~2輪の花、ビオラは一輪は小さいけど多花性なので一株に沢山の花が咲いています。

じゃあ両方の良いところを合わせると良い花が咲きますよね。実はあります。

サカタのタネから出ているよく咲くスミレシリーズは、パンジーとビオラ双方のよい特性を併せもった高品質の新品種開発でできたパンジー・ビオラです。

よく咲くスミレは花の直径が4cm内外でパンジーとビオラの境目くらいの大きさですが、多花性なので沢山花を咲かせてくれます。

よく咲くスミレ

パンジーやビオラを種から育ててみる

パンジーやビオラの発芽する最適の地温は約20℃前後のため、種を蒔く時期は8月下旬から9月末までが良いとされています。お住まいの地域の気温に合わせて種まきをしてください。

8月下旬から9月上旬に蒔くと開花は秋冬になり、9月中旬から下旬に蒔くと開花は春になります。

種まきのやり方

種は蒔くまで冷蔵庫で保管して下さい。暑い時期に常温で置いておくと発芽しにくくなります。準備として種まき用土やトレイなどを用意します。トレイは穴が開いていて水が溜まらないものにしてください。土は水はけの良いものを選ぶと良いです。

始めにトレイに2~3cmほど用土を入れます。種を蒔くときは、できれば1.5cm程の間隔で一粒ずつ置いて下さい。種は小さいので大変ですが、間隔をあけてください。そのあと用土で種が隠れる程度に薄く土を被せます。

発芽までの管理方法

発芽までは室内での管理がお勧めです。ただし直射日光の当たる場所は避けるようにお願いします。風通しの良いところか、エアコンの効いた場所が最適です。

水やりは種が流れ出ないようにする為に、じょうろなどではなく、霧吹きで土がしっかりと底まで濡れるように与えてください。

発芽後の管理方法

発芽すると今度は日当たりが良く風通しも良い戸外へ出します。ただ一度に室内から外へ出すと環境の変化がありますので、時間を少しずつ延ばすようにして戸外での環境に慣らしていってくださいね。

沢山発芽しているようでしたら、適当に間引きます。発芽後の水やりは午前中が良いでしょう。

本葉が4枚ほどになりましたら、ポットに1芽づつ鉢上げをします。根を傷つけないように丁寧にしてください。鉢上げのあとは暫く風通しの良い直射日光の当たらない場所に置いて管理をします。

数日その状態で管理をして、芽が成長しているとわかれば日当たりの良いところに置いていただいて問題ありません。

ポットの下から根が見えるようになったら、もう少し大きいポットに移しかえをします。その時はポットの底に用土を入れてからその上にそっと移しかえてください。

ポットの縁くらいまで株が大きくなってくれば、いよいよ鉢植えや花壇に植えることができます。園芸店などで販売されている状態と同じですね。

園芸店やホームセンターで苗を買ってこられた方、お待たせしました。ここからお読み下さい。


苗からパンジーやビオラを育ててみる

ポット苗を購入しようと思ったら、80円くらいで売られているものより、200円とか300円で売られているものを買われた方がお得です。高値のものは花のつき方や増え方などが良いので、購入される場合は少しだけ贅沢をしてみて下さい。

ホームセンターなどでは早い時期から販売されていますが、できれば最低気温が10℃以下になってから植えたほうが良いです。気温が高い時に植え付けると間延びをしますし、酷いと腐ってしまいます。とは言え、真冬になってからだと外での作業も大変ですから、目安として最低気温が10℃以下5℃以上の間で、12月中旬までに植えつけるのがベストです。

植え付けと時はポットから苗を抜き、15cmから20cm間隔で植えます。一番下の葉がちゃんと土の表面から出るように、浅くも深くもなく良い深さに植えましょう。

新しい土に植える場合はそのままで大丈夫ですが、古い土を使う場合は、土をふるいにかけ根が残っていたら取り除き、新聞紙などに広げて天日干しをしたのち、肥料や土の再生剤を混ぜて土を良い状態にしてから植えるようにしてください。

天日干しの時に黒い袋に入れて干すのも良いですよ。

植える時は根を傷つけないように、土を崩さずそのまま植えるようにします。植え終わったらじょうろなどを使ってたっぷりと水をあげてください。

ビオラ

綺麗に花を咲かせるためのコツ

植え付けたあとにやっていただきたいのは摘心です。植えた状態のまま育ててもそれなりに増えてくれますが、摘心をすると2倍3倍に増えますので、購入した時に咲いていた花が勿体無いと思わずに思い切って摘心をしてあげてください。摘心は新芽を残すように、新芽の上でカットしてあげると良いでしょう。

植えつけたあとは、よく日が当たる場所で育てるとどんどん花を咲かせてくれます。

枯れた花を見つけたらそのままにせず、取り除くことも大切です。その際には花びらだけを取り除くのでなく花茎から取り除くようにしてください。

沢山花を咲かせるためには水の他、肥料が必要です。肥料はリン酸、カリ分の含まれているものを月に1度程度与えるようにします。

水やりのタイミング

土が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷりと水を与えて下さい。土が乾く前に水を与えると根が腐りやすくなりますのでご注意下さい。

水やりは午前中の気温の上がり始めた時間にお願いします。夕方に水やりをすると気温が下がり土の中の水が凍結する場合があります。

花壇など地植えの場合は、植えつけた時の水やり以外に基本的に不要です。水やりは雨に任せましょう。

4月…株が弱ってきた?

4月になると気温も上がってくるため、徒長してきます。

そこでやっていただきたいのが切り戻しです。切り戻す場所は草丈の1/2から1/3を残した位置の花芽の上です。ここを間違うと花は終了になってしまいますので、間違わないようにしてください。

上手く切り戻したら2~3週間でまた花が咲いてきます。

5月…もう終わり?

5月になると、どんどん気温も上がってきます。

その頃には、ペチュニアなど夏の苗も出始めるので植え替えようと思い始めます。実際5月頃になると、パンジーやビオラにはアブラムシが発生する場合も多いです。

もう少し花を楽しみたい場合、アブラムシ退治にはオルトランという殺虫剤を使ってみるといいかもしれません。オルトランは土に蒔いてから水をやると根から薬を吸収しますので、樹液を吸っているアブラムシを退治してくれる効果があります。

ただやはりアブラムシの発生を機にパンジーやビオラは抜いてしまって、夏の花に植え替える人が多いように思います。私たちもその頃には半袖になっているので、夏に向かおうという気持ちになるのでしょうね。

そのまま抜くか種を取るか

咲き終わった花がらを取る時に、指で触ると膨れている部分があります。種はそこに出来ていますので、来年のために収穫するのもいいでしょう。とは言え、5月に取った種は8月末や9月には蒔くのですから、すぐそこにパンジーやビオラの種まきの季節はやってきています。

またこぼれ種からも自然に発芽して花が咲く場合もあります。これもちょっとした楽しみかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました