新春の花と呼ばれるロウバイ(蝋梅)は早咲きの梅ではなく別の植物

1年の最初に咲いて私たちに春の訪れを知らせてくれるのは梅の花といいますが、梅の花より早い1月から咲き始める花があります。ただ1月になって咲くのではなく、早生種だと12月くらいから咲きますので、1年の最後に咲く花であり、1年の最初に咲く花でもあります。

その花を蝋梅(ロウバイ)といい、梅と付いていることから梅の仲間のような名前をしていますが、この蝋梅、梅の仲間ではありません。

スポンサーリンク

蝋梅について

蝋梅は別名で唐梅や南京梅といいます。この名前からわかるように中国原産で、日本へは江戸時代に渡来しました。

2mから4mほどの落葉低木で、花弁が半透明で蝋を塗ったような質感であることと、陰暦(旧暦)の12月(現在の1月頃)にあたる臘月(ろうげつ)に、梅のような花を咲かせることから蝋梅と付けられました。花期は早生種だと12月頃から、晩生種だと2月頃から開花します。

冬の寒い時期に香りの良い花を咲かせることから、英名では「Winter sweet」と呼ばれています。

臘には繋ぎ合わせるという意味があり、新年と旧年の境目となる旧暦12月を臘月と呼びました。陰暦12月の異称です。

蝋梅は梅ではない

和名の蝋梅にしても、別名の唐梅や南京梅にしても梅と付いていますので、梅の一種だと思ってしまいますが、蝋梅は梅ではありません。

分かりやすく表にしてみました。

蝋梅と梅の違い

蝋梅
クスノキ目 バラ目
ロウバイ科 バラ科
ロウバイ属 サクラ属
ロウバイ ウメ

梅はバラ目>バラ科>サクラ属>ウメですが、蝋梅はクスノキ目>ロウバイ科>ロウバイ属>ロウバイなので、最初の「目」の時点で違っています。


蝋梅の種類

ロウバイ(蝋梅)

開花時期:1~2月頃

  • ソシンロウバイより花弁が細い
  • 中心が深い赤紫色をしている

蝋梅

ソシンロウバイ(素心蝋梅)

開花時期:1~2月頃

  • 花弁は細め
  • やや大輪で香りが強い
  • 庭木として栽培していることが多い

素心蝋梅

マンゲツロウバイ(満月蝋梅)

開花時期:12~1月頃

  • 花弁は丸みがある
  • 中心は赤褐色の縁取りがあり、丸く輪のようになっているのが満月に見える
  • ソシンロウバイの実生から選別された早咲きの蝋梅
  • 2002年に登録された品種

満月蝋梅

この他にも5~6月に開花するナツロウバイ(夏蝋梅)やクロバナロウバイ(黒花蝋梅)があります。

蝋梅は黄色い花が咲くけれど黄梅ではありません。
蝋梅は梅という字も付いていて黄色い花を咲かせるため、黄色い花を咲かせる梅=黄梅と勘違いしてしまいますが、蝋梅と黄梅は別の植物です。
また黄梅も蝋梅と同じように名前に梅と付くため梅の仲間かもと思われがちですが、キク類モクセイ科ソケイ属(ジャスミン属)なので梅の仲間でもありません。

蝋梅の実

蝋梅は花が終わった後に実を付けます。しかし梅のような果肉はありません。

蝋梅の偽果

蝋梅の実(偽果)にはアルカロイドのひとつであるカリカンチンという有毒成分が含まれています。落ちた蝋梅の実を家畜が食べて中毒になる事故もあるようです。抑制性神経伝達物質の放出を阻害して痙攣を誘発しますので決して食べないでください。

真果と偽果について
果実は真果と偽果に分けられます。梅や桃は真果です。真果は受粉後に種子の形成に合わせて子房のみが成熟し、中に種子を含んだ果実です。
偽果はイチゴやイチジクなどで、花托やガク、総苞などの子房以外が生長し肥大して果実になったものです。

蝋梅は雪中四友のひとつ

中国において職業画家ではない文人(学問を修め、教養を身につけた人のこと)が、自らの楽しみのために描いた絵のことを文人画といいます。

雪中四友(せっちゅうしゆう)というのは梅、水仙、山茶花、蝋梅の4種類の冬に咲く花のことで、文人画に好まれた画題です。


華道を習い始めた20代の初めの頃、蝋梅を生けて花びらのなんとも言えない透明感のある美しさに魅了されて以来、この季節になると道を歩いていても蝋梅があると足を止めて見入っています。

まだ感染症が収まらないという嫌なニュースもありますが、対策をしっかりと行って今年もさまざまな花の開花を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました