イベントと花

イベントと花

花見だけじゃない春の行事・4月8日お花まつりはお釈迦様の誕生日

4月8日はお釈迦様の誕生日、花まつりです。花まつりは、お花で飾った花御堂にお納めしたお釈迦様に甘茶をかけてお祝いします。この甘茶はガクアジサイに似たヤマアジサイの一種で、ユキノシタ科の落葉性の低木で、葉は乾燥させると生薬になります。
イベントと花

年によって日が変わるイースターはクリスマスより重要な春の行事

クリスマスはイエス・キリストが誕生した日ですが、イースターはイエス・キリストが亡くなって3日目に復活した日とされ、キリスト教徒にとってクリスマスより重要な行事とされています。イースターは毎年同じ日ではなく、春分の日の後、最初の満月の次の日曜日になります。
イベントと花

3月と9月にあるお彼岸の「ぼたもち」と「おはぎ」は花の名前から

お彼岸にお供えする「ぼたもち」と「おはぎ」は花の名前からついたものです。基本的にぼたもちもおはぎも同じ食べ物ですが、名前が異なるのには、春の彼岸は牡丹の花から牡丹餅(ぼたもち)と名前が付き、秋の彼岸は萩の花から御萩(おはぎ)と名前が付いたのです。
スポンサーリンク
イベントと花

卒業や引越しなど3月の別れの季節にピッタリの花はスイートピー

3月は別れの季節です。卒業や卒園、会社の異動や引越しでフラワーギフトを使われる場合も多くなります。春の花は沢山ありますが、その中でもスイートピーは卒業にふさわしい門出という意味の花言葉があるのでお勧めです。その他にも卒業にふさわしい花がありますので参考にしてください。
イベントと花

3月14日ホワイトデーは花のプレゼントでサプライズプレゼント

3月14日はホワイトデーです。バレンタインデーのお返しに花のプレゼントはいかがでしょうか。義理チョコや友チョコの相手には小さな花束やアレンジを、本命の彼女さんには少し奮発したフラワーギフトが喜ばれます。生花の他、プリザーブドフラワーも人気です。
イベントと花

3月3日は桃の節句、お雛祭りには桃の花(花桃)でお祝いしましょう

3月3日はお雛祭りです。桃の節句とも呼ばれ花桃を飾ります。桃の花に合わせるのは、同じ春の花である菜の花が可愛らしくて似合います。他にカーネーションなどを入れて、優しい印象で飾るのがベストです。購入時の注意点などをお読みになり、綺麗に咲かせて下さい。
イベントと花

男性からも贈ってみませんか?バレンタインデーのフラワーギフト

2月14日はバレンタインデーです。日本では女性から男性へチョコレートを贈るのが風習のようになっていますが、海外では男性からプレゼントをすることが多いようです。また夫婦や恋人同士で贈りあうということもあります。プレゼントではお花が定番のようです。
イベントと花

2021年の節分は2月2日・春の節分の頃に花が咲くセツブンソウ

節分の時期に花を咲かせるセツブンソウは、日本固有種で希少な植物です。春先に開花し晩春に地下に隠れてしまう春の妖精とも呼ばれるスプリング・エフェメラルのひとつで、準絶滅危惧種に指定されています。2月から3月が見頃ですので、群生地にお出かけしてみてはいかがでしょうか。
イベントと花

春の七草の意味~1月7日の人日の節句は無病息災を願って七草粥を

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの七草は春の七草と呼ばれます。1月7日の人日(じんじつ)の節句には無病息災を願い、七草粥にして食べます。お正月の暴飲暴食から身体を休める為ともいわれ、日本では古くからの風習です。
イベントと花

歳神様をお迎えするお正月飾りやしめ飾りはいつ飾るのがベスト?

お正月には、その年の歳神様をお迎えするための準備として、大掃除のあとお正月飾りをします。お正月飾りには門松やしめ飾りがあります。このページでは、いつ飾るか、あるいはいつ片付けるかということや、雄松と雌松をどのように飾るかを書いています。
タイトルとURLをコピーしました