【ろ】から始まる園芸用語-50音別

スポンサーリンク

ロックガーデン(ろっくがーでん)

岩石を組み上げたり、所々に石を配したりして自然の様子に近い状態に再現することをロックガーデンといいます。

19世紀後期頃から英国で流行したロックガーデンは、高山の環境を模して作り始めたもので、高山植物や山野草を植えて楽しんでいました。規模としては個人で楽しむものから、大きな公園まであります。

ガーデニングは植物が主役になりますが、ロックガーデンはどちらかと言えば岩石が主役で植物は脇役のイメージで作ります。

用意するものは、石・岩石・植物・培養土などで、まず石や岩石を組み上げて植物を植える隙間(ポケット)を作ります。そしてそのポケットに植物を植えます。石や岩石は植木鉢の代わりだと思って組むのが良いでしょう。山野を再現したものなので、傾斜をつけたりして自然な感じに仕上げてください。

植える植物は高山植物や山野草がベストですが、特に決まりはありませんし、お住まいになられている地域で高山植物を植えるのが難しい場合、普通の園芸種やハーブなど、気に入った植物を集めてオリジナルのロックガーデンを作ってみるのもいいですね。

ロックガーデン

ヒマラヤ原産のヒメツルソバという花があります。金平糖のように可愛いこの花は明治時代にロックガーデン用として日本に入ってきた花です。多年草なので手間要らずの上、とにかく丈夫なのが特徴で石の間からでもどんどん花を増やします。ただ植えすぎると雑草化してしまう場合がありますのでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました