南向きベランダで10号鉢を使って夏野菜のきゅうりを育ててみた

家庭菜園を楽しんでおられる方も多いようです。うちの近所でもいろいろと育てていらっしゃるお家もあって、そこを通るたびに四季それぞれに成長していく野菜を楽しみに見ています。

私は20年ほど前にミニトマトは育てたことがあったのですが、それ以降、野菜といえばこのブログにも書いた春に育てた豆苗からえんどう豆、そしてセットになったガーデンレタス程度で、花はいろいろと育てているのですが野菜に関しては殆ど経験がありません。そんな私が、今夏はきゅうりを育ててみました。

えんどう・スナップえんどう・さやえんどう・豆苗の違いについて
春になると美味しい旬を迎えるえんどう豆。豆ごはんのときはさやの中の豆だけ使いますが、さやえんどうやスナップえんどうはさやごと食べます。これはえんどう豆は成熟するまでのそれぞれの過程を食べることができるからです。また豆苗はえんどうの若菜です。
簡単栽培の菜園セット、本当に30日でレタスは収穫できるか?!
種まき後、約30日から40日で収穫できるという菜園セット・ガーデンレタスを育ててみることにしました。ちゃんと育つのか不安でしたが40日目に無事に収穫できました。このようなセットなら少しのスペースで育てることができますので簡単で楽しいですね。
スポンサーリンク

きゅうりについて

きゅうりはウリ科キュウリ属のつる性一年草です。ハウス栽培があるおかげで一年中出回っていますが、本来は夏野菜の代表ともいえます。

ギネスワールドレコーズに「Least calorific fruit」と登録されており、直訳すれば「カロリー(発熱量)の最も低い果実」になりますが、日本語訳をしたときに最も熱量が低い(ローカロリーな)果実ということから「世界で一番栄養が少ない野菜」と誤解され、それが広まってしまったようです。

確かにきゅうりは全体の約96%が水分で、カロリーも100gあたり約14kcalと低いのですが、カリウム成分を多く含んでおり、ナトリウムの排出を促す効果や血液凝固を抑制する働きがあるといわれています。夏バテになる原因にカリウム不足があることから、水分とカリウムの両方取ることができるきゅうりは夏の食材として良い効果があります。

きゅうりは雄花と雌花が咲きますが、受粉しなくても実ができる単為結果(たんいけっか)という性質を持っているため、受粉させる手間がいりません。また花が咲いてから収穫までの成長が早いため、毎日のチェックは忘れないようにしなければいけないようです。

それでは育ててみましょう!


きゅうりを育てる

今回のきゅうりは、地植えではなくベランダ菜園をする時、このような方法をされる方が多いかもしれないと思う環境条件で育てることにしました。種からも育てられますが、初心者の私は苗から育てることにしました。

育てる条件について

  • 南向きベランダで育てる
  • 苗から育てる
  • 10号鉢にひとつの苗だけ植える

以上です。

苗を購入

苗は入手しやすいホームセンターで購入しました。品種は「夏ふうみ」です。

きゅうり「夏ふうみ」

この夏ふうみはサントリーの苗でホームページによりますと、主枝と子づる及び孫づるにバランスよく着果するタイプのようです。整枝は基本的に不要で放任栽培で問題なしなので初心者向きのきゅうりかもしれません。 べと病、うどんこ病、褐斑病に強く、秋まで収穫できるらしいのですが、私のような超初心者が育てるとどうなるでしょうか。

「サントリー本気野菜」と書いてありますので、その本気を見せてもらいましょう!いえいえ、本気を出すのは私ですね。

5月20日苗を植える

たまたま家に10号のスリット鉢がありましたので、それを使うことにして苗を植えました。

きゅうりの苗を植える

この鉢、植え付ける時から大きさが少し小さいような気がしていたのですが、家にあるのは10号だと思い込んでいたので、気になりつつも植えてしまいました。ところが5日後にじっくりと鉢を見ると10号ではなく9号ではありませんか。思い込みって駄目ですね。

これでは育てる条件のひとつである「10号鉢にひとつの苗だけ植える」がクリアしないので、気が付いたその日にホームセンターまで行き、野菜を育てるのに適した10号鉢を買ってきて、根を崩さないようにそっと植え替えをしました。

6月5日高さ45cm

苗を植えて約15日後には高さが45cmになりました。途中で植え替えをしたので少しだけ心配でしたが、なんの問題もなくスクスクと育っているようです。

6月5日高さ45cm

苗を植えて数日すると巻きひげが出始めたので慌てて支柱を立てましたが、あっという間に巻きひげを支柱に絡ませてどんどん上に伸びて行きました。巻きひげは支柱に巻き付いた後、ひげの途中がスプリングのようになります。スプリングがあるおかげで風が吹いてもひげが切れずに株を支えることができます。

今回の支柱は180cmのものを5本立てて、その間に麻紐を張り、合計10本でツリー仕立てにしました。

2週間程度毎の肥料と水やりを忘れずに育てて行きたいと思います。

6月15日高さ135cm

毎日グングンと伸びる様子に驚いていたのですが、測ってみると10日前から約90cmも伸びていました。この間にしたことは7節目あたりまで芽かきをしたことです。

芽かきとは、茎と葉の間から出てくる芽を取り除く作業のことで、わき芽だけでなく花が咲いていても取ってしまいます。こうすることで株が弱らず育てられるのだそうです。芽かきをするときはハサミでもいいのですが、私は手で取り除きました。もしハサミで芽かきをされるのでしたらハサミを消毒してから使うようにしてください。

そしてちょうど雌花も雄花も咲き始めました。

きゅうりの花は単性花といい、雌花にはめしべだけ、雄花にはおしべだけがあります。花はつるの節のところに咲かせます。

雌花と雄花の違い

雌花には花の後ろに子房と呼ばれる実になる膨らみがあります。

きゅうりの雌花

雄花には実になる部分(子房)がありません。

きゅうりの雄花

6月18日摘芯

摘芯とは植物の生長を促すための作業のひとつで、「ピンチ」や「芯止め」とも呼ばれています。植物は茎や枝の上端の芽は、下に位置するわき芽よりに優先して生長する性質があります。そこで上に伸びていく芽の先をカットしてあげてわき芽の生長を促すようにしなければいけません。

きゅうりの場合も上に伸びるだけでは、収穫も少なくなるため、良い時期に摘芯をしてわき芽を伸ばしてあげることが必要です。

6月15日には135cmだったのが、たった3日で180cmの支柱の天辺を超えましたので摘芯をすることにしました。

きゅうりの摘芯

摘芯はハサミでもいいのですが、私は手で行いました。それにしても背景は空なのですが、いかにも梅雨空って色をしていますね。

きゅうりの摘芯

摘芯した部分の写真です。これでわき芽も生長しやすくなると思います。

そして6月15日の雌花に付いていた子房は小さなきゅうりになってきました。サイズは8cmです。この8cmのきゅうりは翌日10cmほどになっていたので摘果しました。

6月18日きゅうり

一番最初になった実のことを一番果といい、株を弱らせないために大きくならないうちに取り除くことであとの生長が良くなります。だいたい本来の収穫時のサイズの半分ほどのサイズになったら摘果するのがいいようです。摘果きゅうりも食べられます。

摘果とは良質のものを得るために、幼いうちに間引くことです。



6月20日と6月21日小さなきゅうりを収穫

2番目と3番目にできたきゅうりも小さいうちに収穫しました。

6月20日きゅうり収穫

6月21日きゅうり収穫

6月20日のきゅうりは約12cm、6月21日のきゅうりは約16cmです。20日の時点ではこの2本はほぼ同じ大きさだったのですが、1日で4cmも大きく育ってしまうことに驚きました。これからは早めの収穫を心がけないといけないようです。

6月28日いよいよ収穫!

21日に小さなきゅうりを収穫した頃は、次のきゅうりになる予定の雌花があまり咲いておらず、約1週間後にようやく普通サイズのきゅうりの収穫をしました。サイズは約22cmです。この頃になると親づるだけでなく、子づるも出てきて一気にきゅうり感が出てきました。

6月28日きゅうり収穫

7月25日これはなに?どうしてこうなった?

親づるに続き、子づるを2節目あたりで摘芯して株を育てつつ、20cmから22cm程度になると収穫していたのですが、もうすぐ8月になろうかという頃から花は咲くけれど、実が大きくならないようになってしまいました。

きゅうり流れ果

この状態を「流れ果」といいます。これは雌花は咲いたものの実がほとんど大きくならず、そのまま黄変したりしぼんでしまう症状で、原因の多くが光合成不足によるものだそうです。

雨が多かったからかもしれません。暫く様子をみることにしました。

その後のきゅうり

流れ果しかできない状態が暫く続いたあと、また普通に成長を始めたきゅうりでしたが、8月のお盆時期に強く吹いた風のために親づるが途中から折れてしまったのです。鉢がグラグラと揺れるほどの風だったのでベランダの内側に入れたのですが、それでもダメだったようです。

6月5日のところに「巻きひげは支柱に巻き付いた後、ひげの途中がスプリングのようになるため風が吹いても株を支えることができます」と書きましたが、その巻きひげまでも切ってしまうような風だったため、けっこうボロボロになってしまいました。

それでもなんとか持ち直し、その後に数本収穫できましたが、9月になってふと葉の裏を見るとアブラムシが発生していました。せっかくの自家栽培の野菜になんらかの薬を使いたくなかったので、マスキングテープを使って葉を傷めないようにペタペタとアブラムシを取っていく方法で駆除しました。

アブラムシにマスキングテープ?
マスキングテープは粘着力が弱いので、ガムテープやセロハンテープのように葉を傷めることなくアブラムシだけ取ることができます。

9月8日現在、20本の収穫です。もちろん流れ果は省いた本数です。畑に植えるともっと収穫できるようですし、農家さんは100本以上収穫されるようですが、鉢植えならどうもこの程度でおしまいかもしれません。それでもまだ葉は残っていますので、もうしばらく育ててみることにしますが、あまり期待はできそうにありません。

結果:きゅうり苗、一株を10号鉢で育てると20本収穫できました。

収穫したきゅうりはサラダや酢の物や糠漬けにして美味しくいただきました。


きゅうりの水分について

きゅうりの水分は約96%といわれています。前にフローラルフォーム(オアシス)に水を含ませると、約98%が水分になるということを調べてみた記事を書きましたが、フローラルフォームとほぼ同じくらいの水分がきゅうりにあるというのが本当なのか気になったので、きゅうりをドライきゅうりにしてみるとわかるのではと思い、まずはきゅうり1本を乾燥しやすいように薄くスライスしてスケールで重さを量ることにしました。

生のきゅうりの重さ

生のきゅうりの重さは107.8gです。これを天日干しにしてドライきゅうりにしてみましょう。

ドライきゅうり

3日間天日干しにしてドライになったきゅうりがこちらです。本当にあのきゅうりなのかと疑いたくなるほど小さくなっています。

ドライきゅうりの重さ

ドライになったきゅうりの重さは4.6gです。では計算してみましょう。計算方法はフローラルフォームの水分を量った時と同じ方法を使います。

生のきゅうりの重さから、ドライきゅうりの重さを引くと水分だけの重さが分かります。そのあと水分の重さを生のきゅうりの重さで割ってから100を掛けると、全体に対しての水の割合が分かるはずです。

式にすると

(生のきゅうりの重さ-ドライきゅうりの重さ)÷生のきゅうりの重さ×100

です。

では数字を当てはめて計算してみましょう。

(107.8-4.6)÷107.8×100=95.73283859

これは!ほぼ96%になってしまいました。凄いですね。

今回きゅうりを育ててみて、野菜を育て収穫することの楽しさが少しわかりました。ネットで家庭菜園をされている方のホームページや動画を見ながら次は何を育てようか考えているところです。

タイトルとURLをコピーしました