レースのカーテン越しの光が入る窓辺が似合うセントポーリアはお嬢様

今までに何度か育てていたのですが私の育て方が良くないらしく、最初は綺麗に咲いてくれているものの途中で枯らしてしまったり花があまり咲かなかったりして何年も育ち続けてくれない花があります。

花の名前をセントポーリアといいます。息子が名前を聞いて「まるでお嬢様みたいな名前」と言いましたが、名前だけでなく花の色や形もお嬢様っぽいし、育て方もお嬢様を扱うような育て方といってもいいかもしれません。

セントポーリアについて

セントポーリアはイワタバコ科セントポーリア属の植物で別名でアフリカスミレといいます。原産地はアフリカの東部、タンザニアからケニアの山岳地帯で、自生地は1年中霧がかかる冷涼な高原です。

アフリカ原産だから暑い時でも大丈夫!ではなく、「東アフリカの中でもウサンバラ山地やヌグル山地といった冷涼な場所」なので、日本で育てる時は夏の暑さに気を配るのはもちろん、冬の寒さにも気を付けて育てないといけません。

セントポーリアの原種のひとつを発見したのはドイツ人のヴァルター・フォン・セントポール男爵で、発見後にドイツのヘレンハウゼン王宮庭園で栽培され、発見者の名前とスミレ色をしていることから「セントポーリア(男爵の名前)・イオナンタ(スミレ色のという意味)」と付けられました。

イオナンタといえばエアプランツのチランジア・イオナンタを思い浮かべますが、あれもスミレ色の花を咲かせることから付けられた名前です。

セントポーリア

東アフリカの自生地からは約24種類の品種が発見されており、大きく分けて茎が短いロゼット型、茎が伸びて這うトレイル型があり、今ある園芸品種の多くはロゼット型を改良してできた花です。品種改良のおかげで今では花色、花の形、葉の形など無数といっていいほど多くの品種ができました。その数は2万だとか3万だとかといわれています。

セントポーリアの育て方

セントポーリアは多年草なので条件が良ければ一年中花を咲かせてくれます。しかし耐寒性も耐暑性も弱いので屋外で育てるパンジーやペチュニアほど簡単にはいかないようです。とはいえ、セントポーリア好きな人は、上手に育てるだけでなくどんどん増やしていらっしゃるので、私も十数年ぶりに育ててみようと思います。

なにぶん経験値も少なくこうすれば良く咲く!という事は書けませんので、この続きに書くことは私がセントポーリアを育てる上でのメモ書きのようなものだと思ってお読みください。


置き場所

セントポーリアは直射日光が当たるような場所は避け、レースのカーテン越しの光が入る明るい室内で育てます。もし室内が暗い場合は20~30cm程度上から蛍光灯をつけると良いようです。

夏は南側と東側の窓辺に置いていたら窓辺から少し離すようにするか、北向きの部屋で管理します。冬は室温が10℃を切らないような場所に置きます。

どのような花でも一緒ですが、花がらは病気の原因になりますのでこまめに摘み取るようにしましょう。

明るいカーテン越しの光でセントポーリアは育てる

水やり

春と秋は用土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るまで与えます。

夏は生育が停滞しますので春や秋より土を乾かし気味で育て、冬の間は10℃以上で管理できている場合は春や秋と同じような水やりにし、10℃を切るような場合は少し乾かし気味で育てます。

水やりをするときは、花や葉に水がかからないよう用土にだけ与えます。

私の失敗はおそらく夏だから沢山水分が必要だと思い、与え過ぎた結果、根腐れを起こしたことにも原因があると思います。

肥料

春と秋には液体肥料を施します。希釈して与える肥料には希釈倍率のところに【植物に合わせて○○倍~○○○倍に薄めて…】ということが書いてあります。セントポーリアの場合、一番薄くなる倍率になるようにして与えた方が良いようです。

10月~11月になると緩効性肥料を与えて春を待ちましょう。冬と真夏は肥料は不要です。

植え替え

セントポーリアは毎年植え替えが必要な植物です。植え替えは気温が15℃~25℃くらいの安定した時期に行います。

植え替え時の注意点としてはできるだけ古い土を落とすことが重要なようです。植え替え前には水やりを控えて土が乾いている方が作業がしやすいと思います。また根の状態を見て伸びた根があれば切り落とします。

植え替えたあと水を与え、その後1週間程度は気温(室温)に気を付けて管理しましょう。

私の失敗は植え替える時に古い土や伸びた根を残したまま植えてしまったことも理由のひとつです

増やし方

増やし方には葉ざしや株分けがあります。

葉ざし

葉ざしは3月~5月頃、ちょうど植え替えの時期に元気な葉を葉柄を1cm程度付けたまま切り取り、バーミュキュライト・パーライトなどを配合した用土に1/3程度埋めるように挿し、芽が出るまでは土の表面が乾きそうになったら水を与えます。

葉ざしのあと、発根を促すためにメネデールを使用するのもお勧めです。

株分け

植え替え時にカッターナイフなどで一株ずつ切り取り、葉ざしの時と同じような用土に植え、根が出てきたら植え替えます。


殺虫・殺菌

どこを見てもセントポーリアは殺虫と殺菌を月に一度は行いましょうと書かれています。殺虫や殺菌って薬を使うから嫌だなと思ってしまいがちですが、これはおそらく絶対に必要だと思います。

私はバラが好きで何種類もバラを育てていますが、やはり同じように定期的に殺虫殺菌をします。虫が発生したり病気になってから殺虫や殺菌を行うと大変なので、予防の意味でもセントポーリアも殺虫殺菌を怠らないようにしたいと思います。

これらの薬剤ですが、同じものを使い続けると耐性がついてしまって効果が期待できませんので、何種類か用意してローテーションで使うようにしましょう。

この殺虫剤と殺菌剤ですが、別々の薬剤でも混ぜて使えるものにすると作業が一度で済むので便利です。

薬剤は農薬です。残った場合は下水に流さず土に撒いてください。土に撒くと農薬は微生物などによって分解され消失します。

私が購入したセントポーリア

今回はネットでセントポーリアを2鉢購入しました。ネットでセントポーリアのような気温に対して気を使う花を購入するのことは少々不安もありましたが、購入したお店がセントポーリア専門店ということもあり、丁寧な梱包で何の問題もなく届きました。

購入したセントポーリアの写真です。

セントポーリア【サターン】

このセントポーリアの名前は「サターン」です。色と土星を意味するサターンという名前で一目惚れしました。

セントポーリア【ミナ】

こちらのピンク色の方は「ミナ」といいます。花びらの縁がひらひらしていて本当に可愛いです。

届いたのが5月17日でした。写真のように花も咲いていて蕾も沢山付いています。届いてからは南向きの窓際のレースのカーテン越しの光の当たる場所に置いていたところ、今で10日ほど過ぎましたが蕾がどんどん開いていって現在は写真の倍ほど開花しています。

今年も私の家ではバラの季節が終わり、先日は夏の花としてサンパラソルジャイアントのホワイトを植えました。サンパラソルとほぼ同時期から育て始めたセントポーリア、以前のように途中で枯らすことのないように気をつけて育てていきたいと思います。

そして今回購入したのがどちらもピンク系の色だったので、育てることに自信がついたら紫系も買ってみようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました