フローラルフォーム、オアシスに水をたっぷりと含ませるための方法

アレンジメントを作る時の必要なもののひとつにフローラルフォームがあります。フローラルフォームというのは生け花で使う剣山と同じで、花の固定に使います。

フローラルフォームは吸水性スポンジとも言い、よくご存知なのはオアシスという名前ではないでしょうか。

実はオアシスというのは、アメリカオハイオ州に本社があるスミザーズオアシス社の商品名《オアシス》のことで、フローラルフォームの中でも有名な為、そのまま通称になってしまいました。正しくはフローラルフォームと言います。オアシスの他いろいろな会社から同様の製品が出ています。

スポンサーリンク

フローラルフォームの水の含ませ方

アレンジを作るときには、フローラルフォームに水を含ませます。

花屋では常時アレンジを作るので、大きなバケツに1つ丸ごとや、1つだけではなくいくつも水を含ませた状態で置いてありますが、ご家庭では使う分だけカットして水を含ませるようにしてください。

オアシス用のナイフというものがあり、花屋では使っている店も多いですが、お家ではカッターナイフや包丁でカットされると良いと思います。

フローラルフォームの吸水

水の含ませ方ですが、バケツやボウルに水を張りそっと浮かべます。

その際、早く水を含ませようと上から押さえたりせずにフローラルフォームが沈むのを待ちます。時間は数分もかかりません。

ただ100円ショップで売られているものは私自身が購入したことがないので吸水時間がわかりません。100円ショップのものを使われる時でも同じように沈むのを待っていてください。

フローラルフォームを無理やり水に沈めてはいけない理由

上から押さえて無理やり水に沈めてしまうと、この写真のように中までしっかり水分を含みません。

フローラルフォーム吸水失敗

またバケツやボウルに浮かべず、フローラルフォームの上から水をかけて水分を含ませるのも同じ理由からやめてください。

しっかり水を含ませるとフローラルフォームは98%ほどの水分量になります。


フローラルフォームの処分

フローラルフォームはぎゅっと絞り水分をなくしてから、お住まいの自治体の処分方法に合わせて捨てて下さい。

フローラルフォームの種類

オアシス社のオアシスには固さが何種類かあり、通常はオールマイティーに使えるスタンダードという種類を使いますが、太い茎や枝物などを挿そうと思ったらデラックスというものを、カラーやチューリップなど茎の柔らかい花を挿す時にはスプリングタイムという種類をお使いになると、とてもアレンジしやすいと思います。

使ってみようかなと思われたなら、花を買ったお店で訊ねてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました