フラワーアレンジメントを長持ちさせたい!自分でできる管理方法

花のプレゼントの中でよくご存知なのは生花のアレンジメントではないでしょうか。可愛らしい花をぎゅっと纏めた生花のアレンジは一番の売れ筋商品です。

お誕生日や母の日を始め、様々なフラワーギフトにお使いいただく機会が多い、生花のアレンジメントのお家での管理方法を少し書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アレンジメントを受け取ったらすぐに確認すること

アレンジメントはバスケットや陶器のものに入っていることが多いようです。

近くの花屋さんからの配達や、宅配便でのお届けの場合、配達や配送時にお水がこぼれないように、最小限のお水を入れた状態でお届けしています。

ですから、お受け取りになりましたら、すぐにバスケットや陶器の縁近くまでお水を足してください。

お水を足すときは、バスケットや花器という容器に直接入れるのではなく、花を挿してあるフローラルフォーム(オアシス)の端から水をかけて吸わせていく方法をお勧めしています。

またアレンジメントにはいっぱいの花を使っておりますのでどんどん水を吸い上げます。水は毎日確認して少なくなっていれば追加してあげるようにしてください。その際に花の延命剤があれば、分量どおりに溶かした水を入れてあげるのが良いと思います。

ラッピングしてあるセロファンは付けたまま?それとも取るの?

アレンジメントを包んであるセロファンラッピングは、お受け取りになりましたらすぐに取り外してください。

フラワーショップでセロファンラッピングをする理由ですが、ひとつは花がなにかに当たって痛まないようにするため。もうひとつの理由はアレンジメントを綺麗に見せる為だと思います。しかしそれは配達なり配送時でのことなので、お家で飾る場合はセロファンは不要のものになります。

セロファンをしたままではお花が蒸れてしまいます。そうするとカビが生えたり、茎や花が腐りやすくなります。セロファンはできるだけ早く取り外してください。


アレンジの置き場所

フラワーアレンジにとって良い置き場所

  • 気温が上がらない場所
  • 直射日光の当たらない場所
  • 風の当たらない場所

この3つの条件を揃えた場所が良いのですが、そうなると玄関あたりが良い場所になるというお家もあるかもしれません。しかしそれは寂しいです。せっかくの花なのですから、家族みんなが見ることのできる場所に飾っていただきたいと思います。

その中で、なるべく気温が上がらず直射日光の当たらない場所(窓の近くではない場所)で、風の当たらない場所(エアコンの風が当たらない場所)に飾っていただくのが良いのではないでしょうか。

フラワーアレンジにとってNGの置き場所

  • 人が通ると花に当たるような場所
  • 安定の悪い台の上など
  • 電化製品の上や近く

人が通ると花に当たる場所や安定の悪い台などは、花に当たって傷めてしまったりすると花もちが悪くなりますし、落としてしまうと花は折れて床や畳は水浸しになってしまいます。花のためにもお掃除の手間のためにもお避け下さい。

電化製品は水がこぼれてしまったりすると製品の不具合を引き起こす場合もありますので、上や近くに置くことはおやめください。

アレンジを楽しんだ後のフローラルフォーム(オアシス)

アレンジを楽しまれた後、フローラルフォームの処分をすることになります。

処分方法は、ぎゅっと固く絞って水分を無くしてから、お住まいの自治体の処分方法に合わせて捨ててください。

フローラルフォームの再利用について

フローラルフォームは一度使うとどうしてもカビや雑菌が繁殖しやすくなっていますので、基本的に使い捨てです。

ただ自分でアレンジをしたりプレゼントされたアレンジの中の枯れた花を抜いて挿しなおしたいと思われることもあると思いますので、そういった場合の注意点を書いておきます。

簡単な挿しなおしであれば、挿してあった穴とは別の場所に挿してください。同じ場所に同じ位置まで挿すとフローラルフォームと茎の間に空気が入ってしまうこともあり、お水を吸うことができません。どうしても同じ穴に挿さないといけないような場合は、元の穴より深く挿すようにしましょう。

全部挿しなおす場合は、フローラルフォームを裏返して挿すと良いと思いますが、穴だらけだった場合は諦めてください。それでも一部使えるようであれば小さくカットして、小さな花器に入れて使うことは可能です。

雑菌やカビが繁殖しやすくなるなら、一旦乾かしてしまえば良いかと思われる方もいらっしゃるようですが、フローラルフォームは一旦乾かすと吸水性がなくなります。花を抜いて少しの日にちでまたアレンジをしようと思われたのでしたら、清潔な水につけて保存するようにしてください。

それでも何日もそのままにするのであれば、次に挿す花がカビや雑菌に出会わないためにも思い切って処分されることをお勧めいたします。

タイトルとURLをコピーしました