3月と9月にあるお彼岸の「ぼたもち」と「おはぎ」は花の名前から

3月の春分の日と9月の秋分の日は、春のお彼岸、秋のお彼岸と言う方が馴染みがある人も多いかもしれません。お墓参りに行こうと思われている方もいらっしゃるでしょう。

今回はお彼岸とそれにまつわる花についてです。

スポンサーリンク

お彼岸の期間と意味

彼岸とはサンスクリット語の波羅密多に由来しています。

私たちが生きている世界を此岸(しがん)と言い、迷いや煩悩がある世界だそうです。対して彼岸は悟りの世界です。その間には大きな川があって、手前が此岸であちら側が彼岸になります。

彼岸では煩悩もなく、穏やかな毎日を暮らせるというのが仏教の教えになるのだそうです。

春分と秋分は昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。逆に昼が一番長く夜の短い日は夏至、昼が短く夜が長い日は冬至になります。

お彼岸の期間っていつからいつまで?

春分の日や秋分の日は休日になっていますが、その日を中日(ちゅうにち)といい、中日の前3日と後3日の7日間をお彼岸と呼びます。

春分の日は、毎年同じ日というわけではなく年によって異なることがあります。春分の日は太陽が春分点を通る日と決められています。地球の公転はきっちり365日ではなく、うるう年があるように、365日と6時間で公転します。

ということは、毎年春分点を通る時間がずれていきますので、年によって春分の日が変わることが起こります。同様に秋分の日にもずれが生じるのですね。

ですから

春のお彼岸は春分の日(3月20日から21日頃)の祝日を中心に前後3日の7日間。
秋のお彼岸は秋分の日(9月22日から24日頃)の祝日を中心に前後3日の7日間。

ということになります。これは毎年、国立天文台が翌年の暦象年表という小冊子に基づいて決めています。

お彼岸の初日を彼岸の入り、春分や秋分の日を中日、そしてお彼岸の最終日を彼岸明け、あるいは結願(けちがん)と言います。お墓参りも一週間のお彼岸週間があるので、行きやすいように思います。

では今回のお彼岸と花というお話ですが…


お彼岸には「ぼたもち」と「おはぎ」

おはぎとぼたもち

お彼岸にお供えするものに「ぼたもち」と「おはぎ」があります。この二つは基本的に同じ物です。

ただ餡が少し異なっていて、小豆の収穫期と重なる秋のお彼岸は、柔らかな小豆を皮のまま潰してつぶあんにし、収穫から日が経ち年を越してからの春のお彼岸には、固くなった小豆の皮を除いてこしあんにするのだそうです。

つぶあんとこしあんの違いがあるにせよ、同じ食べ物で名前が異なるのには、実は花に関係しています。

春のお彼岸には「ぼたもち」の理由

春のお彼岸はぼたもちと呼び、漢字では牡丹餅と書きます。

牡丹の花

写真は牡丹の花です。春に大輪で艶やかな花を咲かす牡丹は、百花の王と呼ばれています。

色には牡丹色というのがあって、赤紫色と言いますか紫系の濃い桃色をしていますが、牡丹の花の色はピンクだけでなく、赤や白、黄色などがあります。

ぼたもちは、この牡丹の花に似ていることから牡丹餅(ぼたもち)という名前が付きました。

秋のお彼岸には「おはぎ」の理由

秋のお彼岸はおはぎと呼び、漢字では御萩と書きます。

萩の花

萩の花は秋の七草のひとつで、日本各地の山野で普通にどこにでも生えている草です。中秋の名月にススキと一緒に飾ることがあります。

秋の七草は春の七草ほど知られていないかもしれませんね。

萩(ハギ)桔梗(キキョウ)葛(クズ)藤袴(フジバカマ)女郎花(オミナエシ)
尾花(オバナ)撫子(ナデシコ)

この7つが秋の七草になり、中秋の名月に飾るススキと萩も入っています。あれ?ススキなんてないよ?と思われたかもしれませんね。ススキは尾花です。

このようにぼたもちとおはぎには、花が関係しているのです。

そうそう、春のお彼岸のぼたもちは牡丹の花のように大きめに、秋のお彼岸のおはぎは萩の花のように小さめに作ることもあるようです。

四天王寺さんのお彼岸の中日

私は大阪に住んでいるためか、四天王寺は馴染みのあるお寺なのですが、ご存知でしょうか?

四天王寺は蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び、推古天皇元年(593年)に聖徳太子が建立された日本最古の仏教寺院です。

四天王寺には東大門、南大門、西大門、中門という門がありますが、その中の西大門は極楽門とも言い、お彼岸の中日になると門から真西に位置する石鳥居の間に夕日が沈みます。

これは極楽浄土を思う修行の一環で日想観といい、春と秋のお彼岸の中日に執り行われます。興味を持たれたら一度足を運んでみられてはいかがでしょうか。とても幻想的な夕景ですよ。

タイトルとURLをコピーしました