アデニウム・アラビカムのくるんとした獅子葉(巻葉)が可愛い!

別名で「砂漠のバラ」と呼ばれ、綺麗な花が咲くことで知られている塊根植物(コーデックス)といえばアデニウムです。以前から気になっていたのですが、先日出かけた時に目に留まったアデニウムがあったので購入しました。

スポンサーリンク

アデニウムについて

アデニウムは南アフリカやアラビア半島原産のキョウチクトウ科アデニウム属の塊根植物です。

ぷっくりとした個性的な外見が特徴で、どっしりとした幹から細長い枝が伸びて開花期の4月から9月頃にピンク色や白い花を咲かせます。肥大している幹や根の魅力だけでなく、美しい花を咲かせるため「砂漠のバラ」とも呼ばれ、観賞用として栽培している人も多いようです。

園芸品種では八重咲きや多様な花色が作られており、八重咲きのアデニウムは「天空のバラ」といいます。

アデニウムの花

アデニウムの育て方

置き場所

春から秋にかけては生育期、冬は落葉して休眠期に入ります。

生育期は日当たりと風通しの良い屋外で育てます。多少の雨は雨ざらしで問題ないのですが、梅雨の長雨だけは避けた方がいいので、何日も雨が続くときは軒下など雨の当たらない場所に移動させてください。

真夏の直射日光は葉焼けを起こすことがありますので、あまりにも強い光が当たりすぎる場合は適度に遮光した方がいいかもしれません。特に若い株の場合は注意が必要です。

最低気温が15℃を下回った頃からは室内の日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

水やりと肥料

成長期は土が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷりと水を与えます。葉が落ち始めたら休眠期になっていきますので水やりの頻度を減らし、落葉したら断水します。

春になったら水やりを再開し始めますが、最初から成長期と同じように与えるのではなく、様子を見つつ量や回数を少しずつ増やすようにしてください。

肥料は植え替え時にマグァンプなどの緩効性肥料を少量与えます。また春から夏の生育期にも液体肥料を規定に薄めて2度ほど与えるようにします。

植え替え

1~2年に一度、4~8月頃に植え替えをします。

植え替えの数日前から水やりをやめて土が乾燥しているのを確認して行うようにしてください。また植え替えたあとは株の様子を見つつ、5日程度は水を与えないようにし、その後からは通常通りに水やりをするようにしましょう。

用土は水はけの良い多肉植物用などが適しています。鉢のサイズはいきなり大きな鉢に植え替えるのではなく、現在の鉢よりひとまわり大きい鉢に植えるようにしてください。株に対して大きすぎる鉢に植えてしまうと、いつまでも鉢内に水分が残り根腐れを起こしやすくなります。園芸においては鉢の大きさは大は小を兼ねません。

植え替え時の注意点

アデニウムは有毒植物です。食用にすることはないと思いますが、植え替えで気になることは樹液です。樹液が手につくとかぶれることがありますので、軍手を使用して植え替えるほうがいいかもしれません。また植え替えたあとは石鹸で手を綺麗に洗いましょう。

と、怖い話のように思いますが、普通に観賞するにはなにも問題はありません。ただ念のためペットや小さなお子様のいる家庭は手の届かないような場所で育ててくださいね。


アデニウムの種類

アデニウムには約100種類以上の品種があり、また交配によって品種改良された品種もたくさんあります。その中で多く販売されているものを紹介します。

  • アデニウム・オベスム:数多くあるアデニウムの中でも代表種で元祖的な存在がオベスムです。スーダン、ケニア、タンザニアなどが原産地です。
  • アデニウム・アラビカム:アデニウムの中でも基部の肥大化や枝の分岐をしやすいのがアラビカムです。原産地はアラビア半島です。
  • アデニウム・ソコトラナム:ソコトラ島原産の大型種でピンク色の小さな花がたくさん咲きます。

また園芸種では八重咲きも多くあります。

このようにいろいろとあるアデニウムの中で私が今回購入したのはアデニウム・アラビカムです。

アデニウム・アラビカム

アラビカム(arabicum)というのは「アラビアの」という意味があるように、アデニウム・アラビカムの原産地はアラビア半島、サウジアラビアやイエメンです。

育て始めたアデニウム・アラビカムの写真がこちらです。

アデニウム・アラビカム

葉がクルンと丸まっています。実はこれが以前から欲しかった「獅子葉(巻葉)のアデニウム・アラビカム」です。

獅子葉のアデニウム・アラビカム

この獅子葉のアデニウム・アラビカムは以前から気になっていたのですが、見かけるたびに私の予算に合わなくて、それでも「いつかどこかで!」と思っていたところ、たまたま見たお店が「まだこれなら買える」というお値段だったので、それでも清水の舞台には程遠いですが、階段の3段目くらいから飛ぶ気持ちで購入しました。(少々大げさですね、すみません)

サイズは3号鉢で、鉢の下からは約16.5cm、土の上からは約9cm、塊根部の一番太い所で直径約3.5cm、葉も小さくて可愛らしさは抜群です。

獅子葉は巻葉ともいい、葉がクルンと巻いています。このタイプのアデニウム・アラビカムはあまり出回らないようです。

もうすぐ10月、アデニウムは夏型の塊根植物なのでそのうち落葉すると思いますが、花が咲いてくれることを楽しみにして育てていきたいと思います。

【アデニウム・アラビカムを探す】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました