新築祝いや引越し祝いの植物、おすすめの花と贈ってはいけない花

新築祝いや引っ越し祝いにどのようなお品を贈ろうかと悩んでしまうことがあります。今回はどんなものを贈ると良いのかということと、贈る時に注意すべきことについて紹介いたします。

スポンサーリンク

新築祝い・引っ越し祝いにお勧めの花

新築祝いや引っ越しのお祝いには昔から【万年青】が良いといわれています。

万年青は「おもと」と読み、字のとおり1年中緑色の葉が続くということと、「万年」というおめでたい言葉が入っていることでお祝いに贈る縁起の良い植物です。万年青の花言葉は長寿で、葉だけでなく実のついた万年青は子孫繁栄の意味もあり、さらに縁起が良いといわれています。

万年青ってどんな植物?

万年青はキジカクシ科オモト属(以前はユリ科)の常緑多年草です。原産地は日本や中国で、日本では関東から沖縄にかけての山地に生育しています。昔から品種改良が進んでおり、葉のバリエーションも多く特徴的な葉の形や柄があり、これを葉芸といいます。

またアサガオ、ハス、ハナショウブ、フジ、サクラ、ウメと同様に江戸時代から続く日本独自の古典園芸植物で、強健で日本の気候にも合っているため育てやすい植物といえます。

切り花としても流通していますが、切り花は生ける時に葉組みなどの決まりごとがあって生け花をされている人以外の人にとっては万年青は馴染みがない植物かもしれませんが、お正月の生け花では縁起が良いということからメジャーでお勧めの花材です。

新築祝いや引っ越し祝いに万年青

万年青を新築祝いや引っ越しのお祝いにする

万年青を引っ越しギフトとして贈られた人で有名なのは徳川家康公です。家康公が江戸に移ることに先立ち、お祝いとして三河の国の長沢村の長嶋長兵衛さんという人が故事に倣い、永島(ながしま)、吾妻鏡(あづまかがみ)、烟草葉(たばこば)という3種類の万年青を「天福の霊草」として献上しました。家康公はこの3種類の万年青を真っ先に持ち込んで床の間に飾ってから入城したと伝えられています。

それ以来、万年青は「引っ越し万年青」といい、転居する際には最初に万年青を運びこむことが開運とされてきました。飾る場所は鬼門(北東)と、裏鬼門(南西)が良いそうです。



万年青以外にも花言葉や別名から新築祝いや引っ越し祝いにお勧めできる観葉植物を3種類紹介します。

ガジュマル

ガジュマル

ガジュマルは亜熱帯から熱帯地方に分布するクワ科イチジク属の常緑高木で、別名「多幸の木」「幸せを呼ぶ木」といいます。

ガジュマルは成長すると幹の途中から気根を出します。気根が地面に着くと太く成長していき、木を支える柱のようになっていきます。気根の出かたは株によってそれぞれで、それを生かして育てると自分だけの樹形が楽しめます。

気根とは?
根は地中で発達するのが一般的ですが、気根というのは植物の地上の幹や茎などから空中に生える根のことです。

ドラセナ・マッサンゲアナ

ドラセナ・マッサンゲアナ

キジカクシ科ドラセナ属には非常に多くの品種がありますが、その中でもよく知られていてお祝いに用いられることが多いのがドラセナ・マッサンゲアナです。しかしドラセナ・マッサンゲアナという名前より和名の「幸福の木」という名前で販売されていることが多いかもしれません。

幸福の木という名前は、ハワイでは「家の前にドラセナを置いておくと幸福が訪れる」という言い伝えから付けられたということです。

サンセベリア

サンセベリア

サンセベリアもドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の木)と一緒のキジカクシ科ドラセナ属で、花言葉が「永久」「不滅」なので新築や引っ越しのお祝いにお勧めの植物です。またマイナスイオンを発生するということで知られるようになりました。

一般的によく見るのはトラノオとも呼ばれるサンセベリア・トリファスキアタの園芸品種のローレンティーやフツラシンプレックスですが、以前から見慣れていることもあり目新しさがないなと思われたなら、棒状になっているスタッキーや扇状に広がるロブスタライトという品種も候補のひとつに入れてください。

私の家には棒状になっている「バキュラリス・ミカド」がありますが、おしゃれな感じで気に入っています。

さて喜んでもらいたい新築や引っ越しのお祝いギフトですが、贈る時に注意しないといけないこともあります。



新築祝い・引っ越し祝いに避けたい植物

新築祝いや引っ越し祝いに贈ってはいけない植物の制限は特にありませんが、色に関しては注意が必要です。これは植物に関してだけではなく、おそらく新築祝いや引っ越し祝いに関する全て贈り物に通じることだと思います。

避けないといけない色は「赤」です。

赤い色の植物、商品だけでなく、包装や箱、ラッピングなども赤は避けてください。その他ではライターやストーブなど、またおしゃれだなと思うようなアロマキャンドルなどもやめましょう。

理由は「火」を連想させるからです。火を連想させるということは火事を連想させることになり、新築祝いや引っ越し祝いにふさわしくありません。

切り花の場合は優しい色合いで、先様が花瓶を持っているか持っていないかに関わらず、まだ荷物の整理ができていないこともありますので花束よりアレンジメントの方が喜ばれると思います。あと気を付けてほしいのは、植物の制限はないというものの花粉が気になる花は、ちょっとしたことでお家を汚してしまうことになりかねません。せっかくの新しいお家が最初に贈られた花で汚れてしまったなんてことのないように花粉のある花は避けましょう。

植物ではありませんが、踏みつける行為を連想させるスリッパやマット類もタブーとされています。

新築や引っ越しなどのお祝いごとの贈り物は新居に合った品物を選ぶだけでなく、縁起というものも大切なポイントのひとつなのでタブーを避けて贈ってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました