【わ】から始まるフラワー装飾とフラワーデザイン用語-50音別

スポンサーリンク

ワイヤー(wire)

ワイヤーはアレンジやコサージ(コサージュ)やブーケなど、フラワーデザインの際に使用する針金のことです。

ワイヤーには#30、#28、#26、#24、#22、#20、#18という番号がついており、数字が大きいほどワイヤーは細く、小さくなるほど太くなります。太さは花の大きさや茎の太さ、目的に合わせて使い分けます。

ワイヤーの太さを決めるときは、花や葉にワイヤリングをした後、約5cm~10cm程度下のワイヤーを持って振ってみても曲がらないものを使うのが良いでしょう。

写真は#24のワイヤーです。私は生花をアレンジするときはいろいろな太さのワイヤーを使いますが、プリザーブドフラワーのアレンジは、殆どはこの#24を使い、特に大きなバラの場合は#22でワイヤリングをしています。

ワイヤー

ワイヤーメッシュ(wire mesh)

金網のことでチキンワイヤーともいい、網目の大きさや形など様々な種類があります。
そのまま花留めとして使用したり、アレンジやブーケやリースなどを作る際に吸水スポンジを包んで土台として使用します。

ワイヤリングメソード(wiring method)

花や葉に針金を差したり巻き付けて、花材の形を整えたり固定しやすいように処理することです。メソードはメソッドとも言います。

フラワーデザインで用いられるワイヤリングメソードには次のようなものがあります。

  • ピアスメソード(横ざしどめ)
  • クロスメソード(十字どめ)
  • フックメソード(かぎどめ)
  • ヘアピンメソード(U字どめ)
  • ツイスティングメソード(巻きどめ)
  • インソーションメソード(刺しどめ)
  • ソーイングメソード(縫いどめ)
  • セキュアリングメソード(補強)
  • クラッチメソード(挟みどめ)
  • エクステンションメソード(補充)

花材の種類や用途によって、ワイヤリングの処理が異なります。

ワクシング(waxing)

花びらをロウで固定する方法のことです。

ワクシングすると、生花で飾るよりも長持ちする花もあります。

ワンサイド(one sided)

ひとつの方向から見る形のアレンジスタイルのことで、正面から見て綺麗な形に仕上げます。

ワンポイントコサージ(one point corsage)

一輪または数輪の小花を使い、ポイントを一点にして構成するコサージのことです。

タイトルとURLをコピーしました