【ら】から始まるフラワー装飾とフラワーデザイン用語-50音別

スポンサーリンク

ラインアレンジメント(line arrangement)

クレセント、Sカーブ、Lシェイプなど線に沿ってアレンジしたものをいいます。

ラインフラワー(line flower)

1本の茎に花が並んでいる線的な花をラインフラワーをいいます。アレンジのアウトラインなどに使うことが多い花で、長いままでラインを生かして使うこともできますし、切り分けてアレンジすることも可能です。

ラインフラワーにはグラジオラス、デルフィニウム、リンドウ、ストック、キンギョソウなどがあります。

デルフィニウムグラジオラスリンドウ

ラウンド(round)

円形に構成したアレンジメントのことで、ドームアレンジとも呼ばれます。

ラウンドはアレンジだけでなく、コサージやブーケでも使われる形で、コサージの場合はラウンドコサージ、ブーケの場合はラウンドブーケといいます。

ラウンド

ラジエイティング(radiating)

放射状の形のこと。ファン(扇型)に構成されたアレンジメントで、放射線のラインを強調したデザインをラジエイティングといいます。

花のステム(茎)が、美しく見えるようにアレンジすることがポイントです。

ラッピング(wrapping)

リボンや紙を使って包装する事です。花束やアレンジメントなどの場合は、商品を美しく見せるためのものだけでなく、持ち運びの際に花が傷まないように保護する目的でラッピングをします。

アトリエはなこのプリザーブドフラワーアレンジの場合は、クリアケースに入れてその上からリボンを掛けてお届けしています。

ラフィア(raffia)

マダガスカル産のヤシ科の葉の繊維を乾燥させた天然素材で、花束を結んだりアレンジメントのアクセントとして用います。

ラフィアの色は、そのまま自然のままのものだけでなく、着色されたものもあります。

タイトルとURLをコピーしました