生花のアレンジメント

生花のアレンジメント

フラワーデザインのための色合わせの基本を覚えて花を楽しもう!

フラワーデザイン、フラワーアレンジメントを楽しむための基本的な色合わせは、同系色の配色、類似色相の配色、補色の配色、分裂補色(スプリットコンプリメンタリー)の配色、連続した色の配色やグラデーションです。その他にトーンで揃えるとまとまりやすいです。
生花のアレンジメント

フローラルフォームなしでもできる簡単な花留めテクニック8つの方法

花材をアレンジする時や、花瓶に生ける時、フローラルフォーム(オアシス)がなくても花を留めることができます。華道でも使う一文字留めや十文字留め、笄留めや又木留め、折り留めや剣山の他、セロハンテープやワイヤーやゼリーなどを使った方法を紹介しています。
生花のアレンジメント

フラワーデザインに必要なワイヤリングメソードを写真を使って説明

フラワーデザインでアレンジやブーケやコサージを作るときにはワイヤリングが必要になる場合があります。このページでは基本になるピアスメソードやクロスメソードやフックメソードなど10種類のワイヤリングメソードを説明しています。是非覚えてくださいね。
生花のアレンジメント

フラワーデザインにおける花材4種類の形態とそれぞれの使用区分

花の形態は大きく分けて、ラインフラワー・フォームフラワー・マスフラワー・フィラーフラワーの4種類に分かれます。それぞれの特性を知って花を選ぶだけで、アレンジメントが作りやすくなります。自分で花を選ぶときの参考にして下さい。
生花のアレンジメント

花を長持ちさせる為の茎の切り方とフローラルフォームへの挿し方

フラワーアレンジをする時に茎の切り口や、挿す方向に気を使っていただくだけで、アレンジもし易く花の持ちも良くなります。気をつけていただきたい点をいくつか書いてみましたので、参考になさって、楽しくアレンジをしてみてください。
生花のアレンジメント

フローラルフォーム、オアシスに水をたっぷりと含ませるための方法

オアシスに代表されるフローラルフォームにお水を含ませる時は、ボウルやバケツお水を張り、そこにそっと浮かべて沈むのを待ってください。上から押さえたり、蛇口から直接お水をかけると中まで吸水しませんのでご注意ください。
生花のアレンジメント

フラワーアレンジメントを長持ちさせたい!自分でできる管理方法

生花のフラワーアレンジメントの管理やお手入れは、お水を切らさないようにすることが大事です。お受け取りになりましたらお水の確認をしてください。そして毎日お水の量を確認して足してあげるようにお願いいたします。花の延命剤も効果があります。
タイトルとURLをコピーしました