徳島県のシンボル花と木、県内市町村のシンボル花と木の一覧

徳島県には現在8市15町1村、合計24の市町村があります。

このページでは徳島県内の市町村のシンボル花とシンボル木を一覧に纏めてみました。

まだ決まっていなかったり、探しても見つけることができなかった市町村の花や木の欄は『-』にしております。わかり次第、追加で書いてまいります。

市町村の花と木の前に、まずは徳島県のシンボル花とシンボル木から紹介します。







徳島県のシンボル花はすだちの花(酢橘の花)

徳島県の花・すだちの花

すだちはミカン科の常緑低木あるいは中高木で、5月から6月にかけて白い花を咲かせ、秋に実を付けます。

古くから徳島県ではすだちが栽培され特産品になっています。全国の生産量のうち、約98%が徳島県で栽培されたものです。JA徳島市によりますと、今現在約500戸のすだち農家があり、ハウス栽培と露地栽培に分かれ、ハウス栽培は生果用、露地栽培は生果用の他、貯蔵用や加工用を栽培しています。

酸味はクエン酸でレモンの1.5倍含まれているとされ、疲労回復や美白効果がありますので、秋刀魚に搾ってかけるだけでなく、ドレッシングを作ってみたりジャムにしてみるのも良いのではないでしょうか。

徳島県のシンボル木はヤマモモ(山桃)

ヤマモモもすだちと共に徳島県特産の果実です。

ヤマモモは雌雄異株です。雌木に実をつけますが、受粉させるための雄木が数十km離れていても、花粉は風に乗って飛んで行くことができる風媒花なので結実します。

徳島藩時代には御禁木として保護されていました。


徳島県内の市町村のシンボル花とシンボル木一覧

市町村シンボル花シンボル木
徳島市サクラホルトノキ
鳴門市ハマボウモチ
小松島市ハナミズキヤマモモ
阿南市ヒマワリウメ
吉野川市キクオンツツジ
阿波市コスモスケヤキ
美馬市サルスベリ シダレヤナギ
三好市サギソウモミジ
勝浦郡勝浦町コスモスミカン
勝浦郡上勝町リンドウアララギ
名東郡佐那河内村シャクナゲスダチ
名西郡石井町フジイチョウ
名西郡神山町ウメ神山杉
那賀郡那賀町
海部郡牟岐町ハマユウニッポンタチバナ
海部郡美波町サクラウバメガシ
海部郡海陽町サツキマツ
板野郡松茂町マツバギククロマツ
板野郡北島町キクモクセイ
板野郡藍住町キククスノキ
板野郡板野町サクラアセビ
板野郡上板町イチョウ
美馬郡つるぎ町スイセンエノキ
三好郡東みよし町サルビアクス
各都道府県の花です。こちらのページは四国地方のシンボルフラワーです。 徳島県 すだちの花(酢橘の花) すだちはミカン科の常緑低木あるいは中高木で、5月から6月にかけて白い花を咲かせ、秋に...