花を長持ちさせる為の茎の切り方とフローラルフォームへの挿し方

フローラルフォームに花を挿してアレンジメントを作る時のコツを書いてみたいと思います。

フローラルフォームの扱い方や、茎の切り方、挿し方を知っていただき、アレンジをするときに少しだけ気をつけていただくと、驚くほど花が長持ちしますので参考にしてください。



フローラルフォームをセットする時の注意点

フローラルフォームに水を含ませる方法で説明しましたように、十分に水分を含ませたらバスケットや花器にフローラルフォームをセットします。

その時フローラルフォームは器に対して少し隙間がある方が、水溜りができるので良いと思います。そして角の部分を斜めにカットしてください。

フローラルフォームを斜めにカットする理由ですが、ひとつはフローラルフォームの表面積が大きくなること、そして角を落とすことで角に花を挿してもフローラルフォームが欠けたり崩れたりしないようにするためです。

茎をカットする時に気をつけること

一般的に一番使われるのが水切りという方法で、水を入れた容器の中で茎をカットします。殆どの花はその方法でカットしていただいて大丈夫です。

水切りは水の中でカット

またの機会にいろいろな水揚げの方法を書きますが、殆どの場合、花屋がその花に合った方法を用いて仕入れてきたらすぐに水揚げをしていますので、ご家庭での水揚げ方法は水切りで問題ないはずです。

茎は斜めにカットすると表面積が大きくなりますので、より水を吸いやすくなります。

茎のカットはハサミよりナイフが良い理由

可能であれば、カットをする時にハサミではなくナイフで切るほうが良いのです。

茎のカットはハサミよりナイフが良い

写真はナイフで茎をカットしたものです。鋏で切るとどうしても押しつぶしたような切り口になりますが、ナイフで切ると切り口が綺麗で導管を潰すことがありません。

花屋ではフローリストナイフというものを使ってアレンジする場合が多いですが、普通のお家にはそのようなものはないでしょうし、あっても慣れないと使いこなすのが難しいと思いますので、カッターナイフで切ると良いと思います。

斜めに導管を潰さず茎をカットすることが、水をよく吸う一番の方法です。


アレンジをする際の茎の切り口の向きには決まりがある

切り口の方向なんてどうでもいいじゃないの?と思われると思いがちですが、切り口を向ける方向ひとつで花が留まりやすく、挿す方向も決まりやすくなりますので、一度試してみてください。

アレンジを挿す際の切り口アレンジを挿す際の切り口

写真のように、器の縁に沿って真横に挿す場合は、切り口を上に向けて器の縁にカットしていない側の茎をリードのように使って挿すとぐらつかずしっかり留まります。切り口を下にして挿すと変な方向に入っていってしまったり、花もぐらついて固定しにくくなります。

またフローラルフォームに対して垂直や斜めに挿す場合には、切り口をフローラルフォームの中心に向けるように挿していけば思っている方向のまま挿せる上に、カットしていない面がストッパーになり、アレンジを作っている途中はもちろん、仕上がってからもグラグラしてくることがありません。

アレンジをする時には、切り口をどちらに向けると固定しやすいかということを考えながら挿していくと、花がしっかりと留まるようになります。

カーネーションのように節のある茎を挿す時のコツ

カーネーションのように節のある茎は、節の部分まで挿すのが良い方法です。太くなっている節がストッパーになってくれるのでしっかりと留まります。

カーネーションを挿す時

しかし節を全部挿してしまうと隙間が空いて、水を吸えなくなりますのでご注意ください。

また節の真下でカットをして節が一番最初に入るようにしてしまうと、穴が大きくなり同じように水を吸えなくなりますので避けてください。

深く挿す場合や、アレンジメントの大きさで節をフローラルフォームの中に入れてしまわなければいけない場合は、茎の太さが一定になるくらいまで節をナイフで細くしてから挿すことをお勧めします。

カーネーションの節を削って、茎の太さを周りの茎の太さと均一にします。そうすることで、節の部分もフローラルフォームに入れやすくなり、ぐらつきもなくなります。

カーネーションの節カーネーションの節

写真の太くなっているところが節です。この部分を削ってください。カーネーションの茎は固く、節は折れ易いため、削る際には注意して少しずつナイフで削るようにします。削りすぎにも注意してくださいね。

これだけでフローラルフォームに挿しやすくなります。

フローラルフォームに空く穴も、最小限で済みますので、少しだけ手間をかけていただくとアレンジがしやすくなると思います。

アレンジを綺麗に仕上げようと思われたのでしたら、このような下準備が一番大切です。

準備は面倒ですが、アレンジした花を長持ちさせることにもなりますので、少しだけ手をかけてくださいね。

一度挿したフローラルフォームの同じ穴に挿しなおす時

挿しなおしをする場合、本当は一度挿した穴に入れず、新しい場所に挿す方が良いのですが、どうしても同じ穴に挿さないと場所がない場合などは、前に挿した深さより深く挿してください。前より浅く挿してしまうと空間が開き、水を吸う事が出来なくなります。

少し気をつけていただくだけで、アレンジメントの持ちも良くなります。

あとは楽しくアレンジしていただければそれが一番です。