静岡県のシンボル花と木、県内市と町のシンボル花と木の一覧

静岡県には現在23市12町、合計35の市と町があります。

このページでは静岡県内の市と町のシンボル花とシンボル木を一覧に纏めてみました。

まだ決まっていなかったり、探しても見つけることができなかった市と町の花や木の欄は『-』にしております。わかり次第、追加で書いてまいります。

市と町の花と木の前に、まずは静岡県のシンボル花とシンボル木から紹介します。







静岡県のシンボル花はツツジ(躑躅)

静岡県の花・ツツジ

県花を決める際、花の咲くもの、県民の誰からも親しまれ愛されるもの、栽培が容易なものという条件をもとに公募して決まったのがツツジです。

静岡県には多くの野生のツツジがあり、その中には静岡県にしかない品種もあります。

ツツジはツツジ科の植物の総称で、常緑あるいは落葉性の低木から高木で4月から5月にかけて開花します。古くから園芸品種用に交配させてたくさんの品種ができました。そのうち、公園や道路でよく見るツツジは大紫ツツジで、平戸ツツジの一種になります。

最大級のツツジは、富士宮市猪之頭の個人宅にあるミツバツツジで、樹高4メートル、枝張り15メートル前後という大きさのものです。県指定の天然記念物になっています。

静岡県のシンボル木はモクセイ(木犀)

モクセイは静岡県の風土に合い、苗木の入手が簡単で多くの家庭で植えられていたことなどから県の木に決まりました。

モクセイは常緑小高木で、キンモクセイ、ギンモクセイ、ウスギモクセイ、ヒイラギモクセイなどの種類があります。三島大社のキンモクセイは樹高13.5m、推定樹齢は1,200年以上で国の天然記念物に指定されています。


静岡県内の市と町のシンボル花とシンボル木一覧

市町村シンボル花シンボル木
静岡市タチアオイハナミズキ
浜松市ミカンマツ
沼津市ハマユウマツ
熱海市ウメアタミザクラ
三島市ミシマザクライチョウ
富士宮市フジザクラカエデ
伊東市ツバキツバキ
島田市バラ
富士市バラクスノキ
磐田市ツツジクスノキ
焼津市サツキ マツ
掛川市キキョウキンモクセイ
藤枝市フジマツ
御殿場市フジザクラケヤキ
袋井市コスモスキンモクセイ
下田市アジサイオオシマザクラ
裾野市アシタカツツジスギ
湖西市クチナシクロマツ
伊豆市ワサビクヌギ
御前崎市ハマヒルガオヤマモモ
菊川市キク
伊豆の国市スミレ・アヤメナギ
牧之原市アジサイ
賀茂郡東伊豆町イソブキ河津桜
賀茂郡河津町ハナショウブ河津桜
賀茂郡南伊豆町
賀茂郡松崎町ツワブキマツ
賀茂郡西伊豆町ツワブキツバキ
田方郡函南町ハコネザクラヒメシャラ
駿東郡清水町 キクシイ
駿東郡長泉町サツキモッコク
駿東郡小山町ナノハナフジザクラ
榛原郡吉田町キクマツ
榛原郡川根本町シロヤシオブナ
周智郡森町ユリサザンカ
各都道府県の花です。こちらのページは東海地方のシンボルフラワーです。 岐阜県 レンゲソウ(蓮華草) レンゲソウは昔から水田の緑肥として栽培されてきた馴染みのある可愛らしい花です。 ...