松竹梅をはじめお正月をお祝いするのにふさわしい縁起花10種類

クリスマスが終わると一気にお正月モードに切り替わりますね。スーパーやホームセンター、そして花屋でもクリスマス用の切花や鉢植えからお正月用のものに変わります。

販売されているものは松竹梅や菊などがセットになっていたり、お正月用のアレンジメントが多いですが、花屋では自宅に合わせた切り花をご自分で選ばれる人もたくさんいらっしゃいます。

今回はお正月をお祝いするための縁起の良い代表的な花を10種類、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

尖ったものが好きな神様の宿る松

お正月の花・松

松は真冬でも落葉することなく葉を茂らせることから、長寿と健康のシンボルと言われてきました。また神様は尖ったものが好きらしく、尖った葉を持つ松には神様が宿るとされています。そのため門松を飾って、年神様にお越しいただくのですね。

松にはいろいろな種類があって、普通はシュッとした(シュッとしたというのは関西弁ですか?)若松が多いですが、その他にもいろいろな松があります。

若松(ワカマツ)

セットになって販売されているものに入っている松はその殆どが若松で、一番ポピュラーな松になります。花瓶にもアレンジにも使いやすく、生け花として水盤にも流儀花にも使われます。若松は若松という品種ではなく、黒松の実生苗を徒長させて4年ほど経って収穫したものを指します。

五葉松(ゴヨウマツ)

普通の松の葉は2枚の葉が一組になっていますが、五葉松は5枚が一組になっているためこのように呼びます。成長が緩やかなため盆栽にする松としても人気があり、赤松や黒松より樹齢が長いのが特徴です。

大王松(ダイオウマツ/ダイオウショウ)

大王松は葉が3枚一組になっており、葉の長さは若木で40~60センチ、老木になっても20~30センチもある存在感抜群で華やかさのある松です。松かさも20センチ前後と大変大きいので人気があります。

根引き松(ネビキマツ)

関西では根を付けたまま門松として飾る他、根を切って生け花にも使います。

蛇の目松(ジャノメマツ)

蛇の目松はあまり店頭では見かけることがないかもしれませんが、緑の葉に黄色の斑が混じって明るく華やかな印象の松です。高級な松といえます。

三光松(サンコウマツ)

根引き松に似ていますが、根引き松より葉の長さが短く、三つに分かれた枝先が特徴の美しい松です。

生命力や繁栄を意味する竹

お正月の花・竹

風にも倒れないことが柔軟性を示し、真っ直ぐに育っている姿が生命力を表すといって縁起が良いとされているのが竹です。成長も2年から3年と早いことから繁栄を意味しています。

竹は水揚げひとつで葉もシャンとしたまま長持ちするため、大きく花を飾ろうと思ったらチョイスするのが良い花材といえます。

竹の水揚げは、全ての節と節の間の上部に穴を開け、まずは熱湯を注ぎ入れ2~3分そのままにした後、熱湯を捨て次に水をたっぷり注ぎ入れます。穴は割り箸やセロテープで留めておくのが良いでしょう。節の間に水が入っていますので、枝や葉まで水が届くことで、1ヶ月以上枯れずに綺麗な状態の竹を楽しむことができます。その際、毎日穴から水を足してあげるようにしてください。

花屋で水揚げした竹を購入した場合も、同じように水を足すことが長持ちの秘訣です。

他の花より早く咲いて春を告げる梅

お正月の花・梅

梅は新しい年が明けて寒い中でも他の花より早く咲くことから春を告げる花と言われ、実が出来ることから出世や開運を表す縁起の良い花です。万葉集にも多く詠まれ、日本人にとって梅の花は特別なものだったようです。

また花の色は大きく分けて紅と白があることから、おめでたい花だということでお正月には欠かせない花のひとつです。

特にお正月に欠かせない花は、上に書いた松竹梅です。これは宋代より始まった中国の文人画で好まれる画題のひとつ【歳寒三友】というものから始まったもので、冬の寒い季節に友とすべき3つのもののことを言い、松・竹・梅をさします。

切花だけでなく、松竹梅の入った盆栽も12月になるとあちこちで販売し始めますので、自宅に合ったものをお選びになると良いでしょう。


財を表す縁起の良い千両

お正月の花・千両

千両と名前が付いた理由には諸説あります。後に出てくる万両は実が葉より下に付くけれど、こちらは実が上に付いていることから万両より軽い千両になったという説。冬の寒い中、実が赤くて美しく葉が小判に似ていることが値千金だということから付いたと言う説などですが、財産に関して縁起の良いものだということがわかりますね。

花言葉も利益、富、裕福などお金に関する言葉が多いのが千両です。

千両の実は赤いものが殆どですが、たまにお店で黄色い千両を売っていることがあります。こちらは黄実千両(キミノセンリョウ)という品種です。

千両より万両のほうがお金持ちっぽい?

お正月の花・万両

万両は千両と並んでお正月の縁起物として知られています。先にも書きましたが、万両は千両と違って葉の下に実ができます。

花言葉は、寿ぎ、財産、金満家、慶祝、徳のある人。なんとも縁起の良い言葉が並んでいることでしょうか。

千両や万両の他にも、百両や十両、そして一両という植物もあります。それぞれ百両は唐橘(カラタチバナ)、十両は藪柑子(ヤブコウジ)、一両は蟻通し(アリドオシ)という名前です。

千両万両、有り通しという言葉がありますが、これは千両と万両、それに一両を揃えて金運に恵まれるようにという縁起担ぎの語呂合わせです。それならばその上に十両や百両も揃えるともっと良いことが起こるのではないでしょうか。

難を転じて福となす南天

お正月の花・南天

南天は難を転じて福となすという語呂合わせから縁起の良い木と言われています。自宅の近くでも南天を植えておられるお家も多く、11月の末あたりから実がたくさん付いているのが目に留まります。

南天の実は葡萄の房のようになって垂れ下がるようにつきます。葉も千両や万両とは違っているのですぐにわかります。

実は自宅にも南天があります。昨年末に梅と南天を自分で寄せ植えにしてお正月が過ぎた後、それぞれを別々に植えなおしたものです。今、綺麗に紅葉しています。しかし実はできません。南天でもこの南天は「お多福南天」といい、実ができない南天です。

インターネットを見ていて、もちろん正しい情報の方が多いのですが、少しだけですが千両の話を書いているのに写真が南天だったり万両だったりして、情報が適当なサイトがあるということを今回知りました。

千両、万両、南天は全く実の付き方が違いますので、どなたでもすぐに見分けがつくと思います。間違えないようにしてくださいね。

不老長寿のパワーがある菊

お正月の花・菊

中国では菊の花には不老長寿の力があると言われ、長生きの縁起物とされてきました。また「菊を活けるといい子に育つ」「菊を飾ると福が来る」と言われてきたことから、菊はお正月には良い花だということがわかります。

昔からある輪菊や小菊も和風で美しいですが、最近ではピンポンマムやスプレーマムといった可愛いフォルムの菊も多くなってきましたので、従来の菊では少し合わないと感じられたら、そちらを選んでみてはいかがでしょうか。

またアレンジなどによく使われるガーベラもキク科です。同じキク科ということで洋風に仕上げたい時はガーベラも使いやすい花のひとつです。

花言葉が縁起が良い葉牡丹

お正月の花・葉牡丹

葉牡丹の花言葉には、利益、祝福、慈愛というものがあります。特に利益や祝福というのはお正月にピッタリの花言葉ですよね。

葉牡丹は大きく分けて、葉の先が平たい丸葉系(東京丸葉系)、葉が縮れたようになっているちりめん系(名古屋縮緬系)、東京丸葉系とちりめん系の交雑種の大阪丸葉系があります。

鉢植えや地植えにした場合は、どんどん成長していき、春が近づくと中心が盛り上がってその先に薹(とう)が出て花を咲かせます。

幸福と長寿のふたつを合わせた名前の福寿草

お正月の花・福寿草

見るからに縁起が良いと思われる名前の福寿草、花言葉も幸せを招くです。

福寿草の福は幸福ということがすぐにわかりますが、寿は寿ぐというお祝いを意味の字ですね。しかし元々は寿=壽は長生きを意味する言葉です。ですから福寿草は幸福と長寿のふたつの意味がある花なのです。

とはいえ、この福寿草、心臓の漢方薬としても知られていますが実は毒草でもあります。毒は全草にあり、致死量は0.7mg/kgだとか。でも鑑賞する分にはなにも問題はありませんのでご安心ください。

一年の五穀豊穣を祈願する餅花

お正月の花・餅花

もしかするとこの餅花は日本でも一部地域だけになるかもしれませんが、私は餅花を見るとお正月だと思ってしまいます。若干、おせち料理のクワイと同じような感覚かもしれません。

餅花は普通の白いお餅と食紅で色をつけたピンク色のお餅を柳の枝にくっつけて作ります。新しい年の五穀豊穣を祈願して飾ると言われています。

以上10種がお正月に縁起の良い花と言われています。もちろんそれ以外にも洋風に生けたい場合にはチューリップやバラなど、また日持ちの良いシンビジウムも良いのではないかなと思います。

お正月飾りは一般的に9が付く(苦が付く)から29日は避けられ、一夜飾りといって神様をお迎えするのに最後の一日に飾るのは失礼ということから31日も避けられています。できましたら28日までに飾っていただくことをお勧めします。

お掃除をして綺麗になったお家に新しい年をお迎えする為のお花、是非飾ってくださいね。

歳神様が迷わず家においでになる為のお正月飾りや門松やしめ飾り
お正月には、その年の歳神様をお迎えするための準備として、大掃除のあとお正月飾りをします。お正月飾りには門松やしめ飾りがあります。このページでは、いつ飾るか、あるいはいつ片付けるかということや、雄松と雌松をどのように飾るかを書いています。
タイトルとURLをコピーしました