大阪府のシンボル花と木、府内市町村のシンボル花と木の一覧

大阪府には現在33市9町1村、合計43の市町村があります。

このページでは大阪府内の市町村のシンボル花とシンボル木を一覧に纏めてみました。

まだ決まっていなかったり、探しても見つけることができなかった市町村の花や木の欄は『-』にしております。わかり次第、追加で書いてまいります。

市町村の花と木の前に、まずは大阪府のシンボル花とシンボル木から紹介します。大阪府の花はふたつあります。







大阪府のシンボル花ひとつめはウメ(梅)

大阪府の花・梅

百人一首の最初に『難波津に咲くやこの花冬ごもり 今は春べと咲くやこの花』という序歌が読まれますが、この中の『この花』は梅の花だと言われています。そしてこの歌は難波高津宮で大鷦鷯尊が即位し仁徳天皇となった時に、世の中の繁栄を願って詠まれた歌だとされています。

そのような理由で大阪と梅は縁のある花ということで、府の花のひとつに指定されています。

大阪府のシンボル花ふたつめはサクラソウ(桜草)

大阪府の花・サクラソウ

大阪府のもうひとつのシンボルフラワーはサクラソウです。

サクラソウは大阪府千早赤阪村と奈良県御所市の境にある金剛山に、サクラソウの原種であるクリンソウが自生していることから、梅と並んで府の花になりました。

クリンソウは漢字で九輪草と書き、花の咲き方が寺院の屋根の先に付いている九輪に似ていることからきています。

大阪府のシンボル木はイチョウ(銀杏)

イチョウは幹や枝から垂れ下がったような突起物できることがあり、その形が人や動物の乳房に似ていることで別名で乳の木(チチノキ)とも呼ばれています。

約1億5千万年前から存在する古代生物の生き残りといわれ、日本と中国の一部にしか現存しておりません。雄と雌があり、葉に切れ込みがあるのが雄で、切れ込みの浅いものあるいは切れ込みのないものが雌だとも言われていますが、それは俗説らしく実際はよくわかっていません。見分ける方法は、実ができると雌です。

イチョウは雄木と雌木が離れていても風で受粉できる風媒花なので、近くに雄の木がなくても実をつけます。

大阪府では大阪城公園や御堂筋のイチョウ並木がよく知られており、季節になると銀杏を拾う人が多く見られます。実ができるということは雌の木なのですね。しかし最近、御堂筋では銀杏のにおいや道路にまで出て拾う人もいるため危険ということから、雌の木から雄の木へ植え替えを進めているようです。最近聞いた話では御堂筋の側道を歩道にするとか、完全に全て歩道にするとかいう計画があるそうです。


大阪府内の市町村のシンボル花とシンボル木一覧

市町村シンボル花シンボル木
大阪市パンジーサクラ
堺市ハナショウブヤナギ
岸和田市バラクス
豊中市バラキンモクセイ
池田市サツキツツジクスノキ
吹田市サツキクスノキ
泉大津市サツキクスノキ
高槻市ウノハナケヤキ
貝塚市コスモスカイヅカイブキ
守口市サツキクスノキ
枚方市キク・サクラヤナギ
茨木市バラカシ
八尾市キクイチョウ
泉佐野市ササユリイチョウ
富田林市ツツジクスノキ
寝屋川市バラサクラ
河内長野市キククスノキ
松原市バラマツ
大東市キクサンゴジュ
和泉市スイセンクスノキ
箕面市ササユリイロハモミジ
柏原市ツツジコノテガシワ
羽曳野市モモタチバナ
門真市サツキクスノキ
摂津市ツツジクスノキ
高石市キクマツ
藤井寺市キクウメ
東大阪市ウメクスノキ
泉南市ウメクスノキ
四條畷市サツキクスノキ
交野市ツツジサクラ
大阪狭山市ツツジサクラ
阪南市サツキマツ
三島郡島本町ヤマブキクスノキ
豊能郡豊能町タンポポスギ
豊能郡能勢町ササユリケヤキ
泉北郡忠岡町サツキクス
泉南郡熊取町ヒマワリウメ
泉南郡田尻町コスモスマツの木
泉南郡岬町ツツジマツ
南河内郡太子町サツキクスノキ
南河内郡河南町ユリサクラ
南河内郡千早赤阪村ヤマユリクスノキ
各都道府県の花です。こちらのページは関西地方のシンボルフラワーです。 滋賀県 シャクナゲ(石楠花) ツツジ科であるシャクナゲの花は高山植物で、標高800mや1,000mあたりの山に自生す...