新潟県のシンボル花と木、県内市町村のシンボル花と木の一覧

新潟県には現在20市6町4村、合計30の市町村があります。

このページでは新潟県内の市町村のシンボル花とシンボル木を一覧に纏めてみました。

まだ決まっていなかったり、探しても見つけることができなかった市町村の花や木の欄は『-』にしております。わかり次第、追加で書いてまいります。

市町村の花と木の前に、まずは新潟県のシンボル花とシンボル木から紹介します。







新潟県のシンボル花はチューリップ(鬱金香)

新潟県の花・チューリップ

チューリップはユリ科の球根植物です。

和名で鬱金香と書いて「うっこんこう」と読みます。これはチューリップの香りがウコンに似ているということから付いたようです。園芸種も多くあり、スタンダードなチューリップの形をした花から、八重咲きのものや先の尖った形のもの、フリル状のものなどがあります。

チューリップと言えばオランダのイメージがありますが、元々はトルコが原産で、オランダはトルコから伝わってから生産地として有名になりました。

日本では大正時代に新潟県が初めてチューリップの球根の生産に成功し、広く栽培されてきました。今では富山県と並んでチューリップの栽培が盛んです。現在では富山県は球根の出荷量が全国1位、新潟県は切り花の出荷量が全国1位です。

新潟県のシンボル木はユキツバキ(雪椿)

ユキツバキはツバキ科の常緑樹で、別名をオクツバキ、サルイワツバキ、ハイツバキとも呼びます。枝が細くしなやかなため、雪の重みに耐えて雪の下にうずもれることで寒さから身を守ります。

春になり雪解けのあと、新潟県に春を告げる花と言われています。


新潟県内の市町村のシンボル花とシンボル木一覧

市町村シンボル花シンボル木
新潟市チューリップヤナギ
長岡市ツツジケヤキ
三条市ヒメサユリ五葉松
柏崎市ヤマユリマツ
新発田市アヤメサクラ
小千谷市スイセン
加茂市ユキツバキスギ
十日町市ユリブナ
見附市ウメ
村上市ハマナスブナ
燕市キク・サルビア・バーベナテネラサクラ
糸魚川市ササユリブナ
妙高市シラネアオイブナ
五泉市ボタンサクラ
上越市ツバキ
サクラ
阿賀野市コスモスサクラ
佐渡市カンゾウアテビ
魚沼市カタクリコブシ
南魚沼市カタクリコブシ
胎内市チューリップヤマボウシ・マツ
北蒲原郡聖籠町ハマナスクロマツ
西蒲原郡弥彦村椎の木
南蒲原郡田上町アジサイサクラ
東蒲原郡阿賀町ユキツバキスギ
三島郡出雲崎町アカサカツツジケヤキ
南魚沼郡湯沢町コスモスベニヤマザクラ
中魚沼郡津南町ノギク津南桐
刈羽郡刈羽村モモクロマツ
岩船郡関川村ユリモミジ
岩船郡粟島浦村イワユリ(スカシユリ)タブ
各都道府県の花です。こちらのページは甲信越地方のシンボルフラワーです。 新潟県 チューリップ(鬱金香) チューリップはユリ科の球根植物です。 和名で鬱金香と書いて「うっこんこう」と...