神奈川県のシンボル花と木、県内市町村のシンボル花と木の一覧

神奈川県には現在19市13町1村、合計33の市町村があります。

このページでは神奈川県内の市町村のシンボル花とシンボル木を一覧に纏めてみました。

まだ決まっていなかったり、探しても見つけることができなかった市町村の花や木の欄は『-』にしております。わかり次第、追加で書いてまいります。

市町村の花と木の前に、まずは神奈川県のシンボル花とシンボル木から紹介します。



神奈川県のシンボル花はヤマユリ(山百合)

神奈川県の花・ヤマユリ

ヤマユリは日本に昔から自生しているユリのひとつで、ユリ科の球根植物です。

三浦半島や丹沢や箱根など神奈川県の各地で花を咲かせ、花径が20cmを超えるほどの大輪のユリで、開花すると甘く濃厚な香りがします。

ユリで濃厚な甘い香りといえば皆さんよくご存知のカサブランカですが、カサブランカはヤマユリを元に品種改良された花です。そんなことからかカサブランカはユリの女王、ヤマユリはユリの王様と呼ばれるのでしょうね。

開花まで5年以上かかり、古い株ほど花を沢山付けます。

また鱗茎(りんけい)は、オニユリと同じくユリ根として食用になります。

神奈川県のシンボル木はイチョウ(銀杏)

イチョウは約1億5千万年前から存在する古代生物の生き残りといわれ、日本と中国の一部にしか現存しておりません。

イチョウの木には雄と雌があり、葉を見て切れ込みがあるのが雄、切れ込みの浅いものあるいは切れ込みのないものが雌だとも言われますが、俗説らしく実際はよくわかっていません。見分ける方法は実がついた時で、実ができると雌です。

イチョウは雄木と雌木が離れていても風で受粉できる風媒花なので、近くに雄の木がなくても実をつけます。

紅葉の季節になると、日本大通り、山下公園通り周辺のイチョウ並木、三溪園などが有名です。



神奈川県内の市町村のシンボル花とシンボル木一覧

市町村シンボル花シンボル木
横浜市バライチョウ・ケヤキ・サザンカ・サンゴジュ・シイ・ツバキ
川崎市ツツジツバキ
相模原市アジサイケヤキ
横須賀市ハマユウオオシマザクラ
平塚市ナデシコクスノキ
鎌倉市リンドウヤマザクラ
藤沢市フジクロマツ
小田原市ウメクロマツ
茅ヶ崎市ツツジアカシア
逗子市ホトトギスツバキ
三浦市ハマユウクロマツ
秦野市ナデシコ・アジサイサザンカ・コブシ
厚木市サツキモミジ
大和市ノギクヤマザクラ
伊勢原市キキョウシイ
海老名市サツキツゲ
座間市ヒマワリモクセイ
南足柄市リンドウサザンカ
綾瀬市バラヤマモミジ
三浦郡葉山町ツツジクロマツ
高座郡寒川町スイセンモクセイ
中郡大磯町ハマヒルガオクロマツ・サザンカ
中郡二宮町カンナツバキ
足柄上郡中井町キキョウキンモクセイ
足柄上郡大井町スイセンキンモクセイ
足柄上郡松田町コスモス木=ナンテン・樹=サクラ
足柄上郡山北町ヤマブキブナ
足柄上郡開成町アジサイシイガシ
足柄下郡箱根町ハコネバラヤマザクラ
足柄下郡真鶴町ハマユウクスノキ
足柄下郡湯河原町ミカンサクラ・ツバキ
愛甲郡愛川町ツツジカエデ
愛甲郡清川村ミツバツツジイロハモミジ
各都道府県の花です。こちらのページは関東地方のシンボルフラワーです。 茨城県 バラ(薔薇) バラは和語でいばらを転訛したもので...



アレンジの注文だけでなく、花の育て方や管理方法など、ご質問・ご相談がありましたらお問い合わせフォームよりお願いいたします。またLINEでも受けていますのでご利用ください。
お問い合わせフォームはこちら≫
友だち追加
またはLINE内にて @atelier875 で検索してください。

フォローする