岐阜県のシンボル花と木、県内市町村のシンボル花と木の一覧

岐阜県には現在21市19町2村、合計42の市町村があります。

このページでは岐阜県内の市町村のシンボル花とシンボル木を一覧に纏めてみました。

まだ決まっていなかったり、探しても見つけることができなかった市町村の花や木の欄は『-』にしております。わかり次第、追加で書いてまいります。

市町村の花と木の前に、まずは岐阜県のシンボル花とシンボル木から紹介します。







岐阜県のシンボル花はレンゲソウ(蓮華草)

岐阜県の花・レンゲソウ

レンゲソウは昔から水田の緑肥として栽培されてきた馴染みのある可愛らしい花です。

緑肥とは栽培している植物を収穫せず、田畑にそのまま耕して、後から栽培する作物の肥料にすることです。レンゲソウの場合は、秋に種を蒔き春に花が咲いたレンゲソウをすき込んで土の肥料分を増やした後、田植えをします。

化学肥料を使うようになるまでは、この緑肥が普通に使われていました。今はレンゲ畑が減りましたが、岐阜県では今も水田でレンゲソウが栽培されており、春になると一面に紅紫色の花を咲かせてくれます。

レンゲソウはマメ科の越年草で、良い蜂蜜のための蜜源植物でもあります。ゲンゲとも呼びます。

岐阜県のシンボル木はイチイ(一位・櫟)

イチイは漢字で一位と書きます。これは昔、この木を使って高官が用いる笏(しゃく)を作って献上したところ、正一位という位を受けたことからついた名前だということです。もうひとつの漢字の櫟はアララギとも読みます。

岐阜県飛騨地方で生産される木工品を一位一刀彫といい、国指定の伝統的工芸品です。木目の美しさを生かした彫刻は見る人を惹きつけます。


岐阜県内の市町村のシンボル花とシンボル木一覧

市町村シンボル花シンボル木
岐阜市サルビアツブラジイ
大垣市サツキクスノキ
高山市コバノミツバツツジイチイ
多治見市キキョウ・ツツジシデコブシ・イチョウ
関市キクスギ
中津川市サラサドウダンコウヤマキ
美濃市ウメカエデ
瑞浪市キキョウマツ
羽島市美濃菊カイヅカイブキ
恵那市ササユリハナノキ
美濃加茂市アジサイムク
土岐市キキョウヒトツバタゴ
各務原市ツツジマツ
可児市サツキ・バラクロマツ
山県市キキョウクリ
瑞穂市アジサイサクラ
飛騨市ミズバショウブナ
本巣市淡墨桜カキ
郡上市コブシモミジ
下呂市イワツツジモミジ
海津市ミカンの花マツ
羽島郡岐南町キクモチノキ
羽島郡笠松町サクラマツ
養老郡養老町キクツゲ
不破郡垂井町ツバキケヤキ
不破郡関ケ原町ウメスギ
安八郡神戸町バラモチノキ
安八郡輪之内町タンポポウメ
安八郡安八町スイセンモクセイ
揖斐郡揖斐川町ハナモモケヤキ
揖斐郡大野町ツツジ・バラモミジ
揖斐郡池田町茶の花ヤマザクラ
本巣郡北方町スイセンモチノキ
加茂郡坂祝町サルビア南天
加茂郡富加町ドウダンツツジ
加茂郡川辺町サツキ
加茂郡七宗町シャクナゲヒノキ
加茂郡八百津町ササユリマツ
加茂郡白川町岩ツツジヒノキ
加茂郡東白川村ミツバツツジハナノキ
可児郡御嵩町キクアカマツ
大野郡白川村白山シャクナゲブナ
各都道府県の花です。こちらのページは東海地方のシンボルフラワーです。 岐阜県 レンゲソウ(蓮華草) レンゲソウは昔から水田の緑肥として栽培されてきた馴染みのある可愛らしい花です。 ...