【き】から始まる園芸用語-50音別







桔梗咲き(ききょうざき)

変化咲きアサガオのひとつで、花弁の先端が尖っており花冠はラッパ状になる咲き方で、桔梗の花姿に似ていることから桔梗咲きといいます。

写真のように一重のもの以外に多重咲きもあり、普通のアサガオとは違った花姿を好んで植える人も多いようです。

桔梗咲きアサガオ

アサガオ以外ではカンパニュラやクルメツツジにも桔梗咲きがあります。

木子(きご)

地下部で形成される球根のまわりに発生する小球根のことで、ユリやグラジオラス、フリージアに見られます。

寄生植物(きせいしょくぶつ)

植物の中には生育するために必要な物質を自分で作ることができないものがあり、それらは他の生物に付着したり侵入して生活をします。

このような植物が寄生植物で、その中でも一部の栄養を他に依存しつつ自ら光合成を行うものを半寄生植物、葉緑体がないために光合成を行わないものを全寄生植物と呼びます。

  • 半寄生植物:コゴメグサ、ヤドリギ、ツクバネなど
  • 全寄生植物:ハマウツボ、ナンバンギセル、ラフレシアなど

正解最大の花といわれるラフレシアですが、これはブドウ科植物の根に寄生します。

キセニア(きせにあ)

花粉がもつ遺伝子が、受粉したときに胚乳の形質を支配する現象のことをキセニアといいます。

このキセニアで例としてよく出されるのがお米とトウモロコシです。お米においては胚乳の形質からうるち米ともち米に分かれています。もち米の雌しべにうるち米の花粉が付いてしまって受精すると、花粉由来のうるち米に変化するという現象が現れます。またトウモロコシも白系のトウモロコシに黄色系のトウモロコシの花粉が付いた場合、黄色の粒が混じったトウモロコシになってしまうこともあります。

忌避剤(きひざい)

忌避剤は昆虫や動物が植物などに近寄らないようにする薬剤のことで、大半は動物などが嫌う臭いが主成分になっています。

客土(きゃくど)

病害虫や化学汚染など、土壌が植物の生育に不適切な場合、土壌改善のために土を他の場所から搬入して置き換えることを客土といいます。


厩肥(きゅうひ)

家畜の排泄物や敷き藁を発酵させた有機質肥料で、家畜糞堆肥ともいいます。

休眠(きゅうみん)

植物の種子や球根、芽などが一定期間生育を停止する現象のことで、動物の冬眠や夏眠と同じものです。

これは不適切な環境に対して抵抗する為の性質と考えられており、休眠に入る条件として、温度、日長、水分、抑制物質などがあります。

休眠打破(きゅうみんだは)

休眠に入った植物の種子や球根、芽などが休眠から覚めることを休眠打破といいます。

一年草ではその殆どは水分により発芽しますが、それ以外は気温上昇などの刺激により休眠打破が起こります。また高温処理や低温処理、ジベレリン処理など人為的に休眠打破させる場合もあります。

サクラは冬に一定期間低温にさらされることが、春の開花にとって重要なポイントになります。前年の夏に生成したサクラの花芽は、その後休眠し低温にさらされることで休眠打破が起こり開花の準備を始めるのです。

毎年の桜の開花予想はこの休眠打破の日を起算日として、温度変換日数を積算して定めた日数に到達した日を開花日としています。

休眠打破

局所施肥(きょくしょせひ)

耕起前に全面に肥料を散布してから耕起し、作土全体に肥料を施す全層施肥に対して、畝内や畝間、株元など根の伸びる周辺に施肥することを局所施肥といいます。

鋸歯(きょし)

鋸歯は植物の葉や花弁、がく片の周縁部の細かい切れ込みのことです。

下の写真はアジサイの花と葉です。葉をご覧いただくとギザギザとした刻みがありますね。このようになっているものが鋸歯です。

鋸歯

鋸歯のないものは全縁、カエデのような不揃いの切れ込みのものは欠刻といいます。