年によって日が変わるイースターはクリスマスより重要な春の行事

最近は東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンを始めとするあちこちのテーマパークやレジャーランドでイベントが行なわれるようになったので、ご存知の人も多くなったのがイースターです。

でもやはりクリスマスなどと比べると、まだまだ認知度も低いイースターのお話を書きたいと思います。

スポンサーリンク

イースターはいつ?なにをするの?

イースターは復活祭と言い、キリスト教においては最も重要な行事だと言われています。実はクリスマスより大切な行事がイースターです。

クリスマスはイエス・キリストが誕生した日であるのに対し、イースターはイエス・キリストが復活した日とされているのです。

イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなったのはご存知だと思います。しかし亡くなった3日目に復活をしたとされ、その復活をお祝いする日、それがイースターです。

イースターは英語で【Easter】と書きますが、これはドイツへ移動したゲルマン民族の神話に登場する春の女神Eostre(エオストレ)の名前と、春の月の名Eostremonat(エオストレモナト)から付けられたそうです。

イースターはいつ?

イースターはクリスマスのように毎年同じ日というわけではなく、

春分の日の後、最初の満月の次の日曜日です。

日曜日なのでイースターサンデーとも呼ばれます。ただ東方教会と西方教会ではイースターの日が異なります。

2020年のイースターは西方教会は4月12日、東方教会は4月19日になります。というのも暦の算出方法が西方教会は西暦(グレゴリオ暦)、東方教会はユリウス暦を使っているので日が異なってしまうのです。

日本では一般的に西暦を使っておりますので、4月12日とするのが良いでしょう。因みに2019年のイースターは4月21日でしたので、2020年は9日早くなっています。

イースターエッグ

イースターにはなにをするイベント?

日本に住んでいると、テーマパークのイベントがイースターのような気がしますが、欧米ではクリスマス以上の盛大な祝日となります。

イースターになると

・家族や友人と食事を楽しむ
・エッグハントやエッグロールをする
・教会のイースター・サービスに出席する
・特別なプレゼントを贈ったり贈られたりする
・聖書を読む

というようなことが街中で見られます。

そしてイエス・キリストが40日間、荒野で断食をしたとされる意味を持つ四旬節と、18歳以上60歳未満の健康な成人の全てが行なう1日に1回だけの食事と、その他に朝ともう1回わずかな食事をとる大斎という行事の期間中、禁じられていた肉や乳製品、卵がイースターの日に解禁になるのです。

エッグハントというのは、カラフルに色付けされた卵を探すイベントで、エッグロールというのは、卵をスプーンなどを使って転がして誰が一番にゴールできるかを競うイベントです。

どちらも茹で卵を使います。

カラフルにするのはエッグハントの時に探しやすくする為ですね。


イースターの卵やうさぎ

イースターには卵やうさぎが有名です。卵は先ほども出てきましたが、イースター・エッグといい、うさぎはイースター・バニーと呼びます。

でもなぜ卵やうさぎなのでしょう。

ひよこは卵の殻を破って生まれてきますよね。それと同じようにイエス・キリストも3日目に死という殻を破って復活したということから、卵がシンボルになったそうです。

またうさぎは沢山の子供を産む動物で、命のシンボルと思われています。うさぎが多くの子供を産むということから豊穣のシンボルとされているので、イースターにはうさぎも登場するのです。

イースターバニー

イースターと花

イースターの頃は、春真っ盛りです。可愛らしい春の花も沢山出てきますが、忘れてはいけない花が聖母マリアの花、純潔の象徴であるイースター・リリーです。白百合ということから現在はテッポウユリが使われています。

そんな春の花やテッポウユリをイースター・エッグと合わせてアレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

また花壇にちょこんと卵を覗かせてみるのも可愛いですよね。本物の卵に着色を躇われるなら、イースターエッグ用の発泡スチロールもあります。

日本ではまだまだ馴染みのないイースターですが、キリスト教の人々にとってはとても重要なイベントなんですね。

イースターの花

タイトルとURLをコピーしました