【す】から始まるフラワー装飾とフラワーデザイン用語-50音別

スイートピーローズ(sweet pea rose)

バラの花びらを使い、スイートピーの花のように作ったものをスイートピーローズといいます。



スタイロフォーム(styrofoam)

発泡性スチロールともいい、アートフラワーやドライフラワーなど、保水しなくてもよいアレンジメントのファンデーションとして使います。

ステム(stem)

植物の茎のことです。

ストゥルクトゥア(structure)

英語ではストラクチャーといい、構造を意味するドイツ語です。

装飾的構成に属し、構造の面白さを表現し、花材の特性を生かして相互が刺激しあうように構築する手法です。

ストリーマー(streamer)

流れるようなリボン飾りのことです。アレンジや花束に付いているリボンの輪の部分(ループ)ではなく、下に垂れている部分です。

ループとストリーマー

スノーボールブーケ(snow ball bouquet)

雪のボールのように丸くデザインしたブーケのことです。



スパークルボウ(sparkle bow)

リボンワークのひとつで、リボンの先端を斜めにカットし、筒状になるように巻き込み、ワイヤーで留めて作ります。

スパークルボウ

スパイスブーケ(spice bouquet)

スターアニス(八角)やシナモンなどの香辛料と、木の実などをあわせて作ったブーケのことで、スパーシーな香りを楽しむオーストラリアの伝統品です。

スパイラルブーケ(spiral bouquet)

ハンドタイドブーケともいい、茎の全てが螺旋状になるように束ねたブーケのことです。

スプレイ(spray)

花や茎をスプレーで吹いたような放射状に構成した葬儀用のアレンジメントをスプレイといいます。

スプレイシェイプ(spray shape)

花と茎を分けて、メカニカルフォーカルポイントで連続しているように構成するアレンジメントのことで、仕上がりは花器やバスケットに、花束が置かれているように見えます。

スプレイシェイプ

図はスプレイシェイプのアレンジを上から見たものです。

片側に花の付いている茎を挿し、もう片側には茎だけを挿します。図では一列しか書いていませんが、双方共にフローラルフォームの側面の下部から挿し、フローラルフォームの上面に向けて重なっているようにアレンジします。最後に茎が集まっている場所をリボンで隠すようにすれば、花束が置いてあるように仕上がります。

スリーポイントコサージ(three point corsage)

3輪、あるいは数輪の花を使い、3点にポイントを置いて構成するコサージのことです。



アレンジの注文だけでなく、花の育て方や管理方法など、ご質問・ご相談がありましたらお問い合わせフォームよりお願いいたします。またLINEでも受けていますのでご利用ください。
お問い合わせフォームはこちら≫
友だち追加
またはLINE内にて @atelier875 で検索してください。

フォローする