【も】から始まるフラワー装飾とフラワーデザイン用語-50音別



モス(moss)

苔のこと。モスには多くの種類があり、用途によって使い分けます。

フラワーアレンジで使用するモスには、実際の苔とは異なるものがあります。特にプリザーブドフラワーアレンジでは水濡れ厳禁なので、乾いているモスを使用します。

プリザーブドフラワーのアレンジに使うモスの種類は次のようなものがあります。

  • アイスランドモス:弾力があるモコモコとしている
  • スパニッシュモス:細長いのが特徴
  • フィンランドモス:アイスランドモスの白いもの
  • シートモス:シート状になっているモス

その他にも、フィンランドモスでピンクやイエローやブルーなどの色が付いているものがあります。

写真は私が使っているアイスランドモスです。

アイスランドモス

モダンデザイン(modarn design)

モダンスタイルともいい、植物の自然な姿を大切にしながらデザインを進める構成方法が考えられ、ドイツから理論が展開されました。

これにより植物による表現はアートの領域が加わり、自由なデザイン構築ができるようになりました。

モチーフ(motif)

作品を表現する動機や原動力のことです。

モリーン(malines)

ギャザーを寄せたチュールをワイヤーで捻り留めたものをモリーンといい、ブーケのバック処理に用います。

盛花(もりばな)

明治時代中期、小原流の創始者である小原雲心(おはらうんしん)が考案した、広口の浅い花器(水盤)に構成する生け花の様式のことです。

花留めには剣山や七宝といった留め具を使用し、花材を盛るように生ける様式はそれまでの生け花と違い、自由に変化をつけて構成することができるため、花材の選択肢が広がり生けやすいことから、流派を超えて生け花界に浸透しました。