【か】から始まるフラワー装飾とフラワーデザイン用語-50音別

ガーランド(garlamd)

花綱ともいい、花や葉やその他の素材を複数使い、長く繋いだものです。

クリスマスやウェディングの装飾に多く用いられますが、コサージやブーケのパーツ作りの時にもガーランドを作って中心部分に組み合わせて構成します。

ガーランド



花卉(かき)

花の咲く草、観賞用に栽培される植物のことを花卉といいます。卉は草を総称した漢字です。

花器付盛花(かきつきもりばな)

フラワー装飾技能検定の出題用語で、フラワーアレンジメントのことです。

篭花(かごばな)

フラワー装飾技能検定の出題用語で、篭を花器にしたアレンジメントのことです。

カジュアルフラワー(casual flower)

ギフトやフォーマルに使う花束とは異なり、花屋の店頭やスーパーマーケットなどで、手頃な価格で販売されている日常使いできるセットになった花のことです。

売れ残りをセットにして販売されているのでは?と思われる人もいらっしゃいますが、カジュアルフラワーに使う花と、ギフトやフォーマルに使う花とは、仕入れの時から異なります。

切り花は長さが長いと価格が高く、例えば100本のバラの花束という注文があった場合、しっかりとした長さのある花でないと花束が組めません。しかしお家に数本のバラを飾りたいときには短くても良い場合があります。仕入れでも短い花は長い花より安く仕入れることができるため、カジュアルフラワーはギフト用の花よりお安く提供できるようになっています。



カバーグリーン(cover green)

吸水フォームなどのベースを隠す為に使う葉のことをカバーグリーンといいます。

カラーオアシス(color oasis)

アレンジメントを作るとき、よく使われているのは緑色のフォーム(オアシス)ですが、緑色ではなくピンクやオレンジ、ブルーやイエローなどのカラフルな色をしたカラーオアシスがあります。

普通はフォームを隠すようにアレンジを作りますが、カラーオアシスを使うとフォームの色を見せて、花以外の色もデザインの一部として楽しむことができます。

カリキュース(callicues)

リボンワークのひとつで、茎やワイヤーにフローラルテープを巻き、その上からリボンを巻いたものです。ブーケの持ち手やブートニアのステムの処理の他、ワイヤーを使ったカリキュースだと写真のように形を作ることもできます。

カリキュース

ロールドリボンと似ていますが、こちらはワイヤーを使わずリボンだけをコヨリのように巻きつけたものになります。

カリュクス(kalyx)

植物のガクのことです。



アレンジの注文だけでなく、花の育て方や管理方法など、ご質問・ご相談がありましたらお問い合わせフォームよりお願いいたします。またLINEでも受けていますのでご利用ください。
お問い合わせフォームはこちら≫
友だち追加
またはLINE内にて @atelier875 で検索してください。

フォローする